奇想漫画家・駕籠真太郎ブログ。単行本、イベント、特殊玩具など。視聴した映画のコメントは「映画徒然草」としてまとめています。駕籠真太郎公式HP【印度で乱数】http://www1.odn.ne.jp/~adc52520/
by tomezuka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
駕籠漫画
駕籠イベント
映画徒然草ホラー編
映画徒然草コメディ編
映画徒然草チェコ編
映画徒然草SF編
映画徒然草特撮編
映画徒然草アニメ編
映画徒然草前衛編
映画徒然草邦画編
映画徒然草ノンジャンル
映画徒然草アジア編
映画徒然草タイ編
映画徒然草香港編
映画徒然草インド編
うんこ
特殊玩具
CD
笑い
活字
ニュース
未分類
以前の記事
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


映画徒然草

劇場版長編アニメ。最近はテレビシリーズの劇場バージョンばかりなので、こういった劇場オリジナルももっとやってほしいですね。

「どうぶつ宝島」
スチーブンソンの「宝島」を原案に、主人公キャラ以外は動物といういかにも子供向けアニメではあるけど、原画およびアイデア提供に宮崎駿が参加しているせいか、後々の宮崎アニメによく見られるシチュエーション、演出、アクションが続出。 主人公の少年とヒロインがもろコナンとラナ(あるいはパズーとシータ)だったり、嵐で船が難破したあと宝島にたどり着くくだりがまんま「ラピュタ」だったり、水が抜けて宝が出現するのがカリオストロのラストだったりとか。 それ以外でも、狭い場所での剣戟、上下の空間を使ったアクションなどどれも素晴らしい出来。

「長靴をはいた猫」
東映動画劇場用アニメの代表選手。中原弓彦がギャグ担当しているせいか、笑いの入るテンポが絶妙。気弱な少年ピエールと友達になった猫のぺロが、ピエールとお姫様を結婚させるため活躍する内容ではあるが、前半はどうみてもぺロがピエールの意志を無視して突っ走ってる印象。後半になると、ようやくピエールが自らの意志で行動を開始し、無事お姫様と結ばれる。古城を舞台とした「高さ」を表現したアクションの数々は見事。ペロを負う3匹の猫が「おじゃる丸」の小鬼トリオみたい。

「長靴をはいた猫 80日間世界一周」
シリーズの3作目。ペロが富豪と賭けをして世界を80日かけて旅する。一作目に比べると画面構成などに映画的な広がりがないのが残念。あとセル画枚数も明らかに激減。上映時間も短いし、製作期間、資金が少なかった模様。

「太陽の王子ホルスの大冒険」
タイトルがあまりに伝説化しすぎていて今まで未見であった。公開当時評判がよくなかったらしいが、まあそれも納得。ホルスの胸のすくよな大活躍が展開するのかと思いきや、中盤からはほとんどヒルダがメインとなり、アクションよりも陰湿な策略や内面描写が画面を占めるようになってしまうのだから。

「魔犬ライナー0011変身せよ」
サイボーグ化された4匹の犬と少年が侵略宇宙人と戦うSFアクション。サイボーグ犬が流線系ロケットに変形したり、敵ロボットが昆虫型だったりとタツノコアニメ風(笹川ひろし原案だから?)。冒頭では敵ロボの内面図解が少年マガジンのグラビア風に解説されたりとなかなか楽しい。細かいメカ描写がリアルなのは関心。それにしても、重症負った子犬をサイボーグ化するのはまあいいとして、ビーム砲とか火炎放射器とか装備させてしまう博士って・・・。趣味で破壊兵器作っていいんでしょうか。
[PR]
by tomezuka | 2006-07-10 22:15 | 映画徒然草アニメ編
<< 本日のうんこ4 アタラクシア >>