奇想漫画家・駕籠真太郎ブログ。単行本、イベント、特殊玩具など。視聴した映画のコメントは「映画徒然草」としてまとめています。駕籠真太郎公式HP【印度で乱数】http://www1.odn.ne.jp/~adc52520/
by tomezuka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
駕籠漫画
駕籠イベント
映画徒然草ホラー編
映画徒然草コメディ編
映画徒然草チェコ編
映画徒然草SF編
映画徒然草特撮編
映画徒然草アニメ編
映画徒然草前衛編
映画徒然草邦画編
映画徒然草ノンジャンル
映画徒然草アジア編
映画徒然草タイ編
映画徒然草香港編
映画徒然草インド編
うんこ
特殊玩具
CD
笑い
活字
ニュース
未分類
以前の記事
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


映画徒然草チェコ編その2

チェコ製ファンタジー・幻想系映画2本。

『闇のバイブル 聖少女の詩』★★★★
1969年、ヤロミール・イレシュ監督。
「映画の魅惑」という本では『ヴァレリエとその一週間』というタイトルで紹介されている。13歳の少女ヴァレリエが初潮を迎えて以降、吸血鬼、兄と称する青年、肉体関係を迫る神父など怪しげな人物が次々現れる。しかしこれら謎のキャラがいつの間にやら死んでしまったり、挙句の果てには設定まで変わってたりする。そもそも物語の整合性などはなから無視されていて、現実、幻想、夢の境界線は完全に無効化。少女趣味なゴシック様式美の世界をあてどもなく漂流させられる。なによりこの映画はヴァレリエを演じるヤロスラヴァ・シャレロヴァのイメージフィルムである。ストーリーがよく分からんと怒るりも、ゴスロリ衣装に身を包んだヴァレリエの愛くるしさを堪能すべき作品なのである。おっぱいポロリまであるし。

『フライングコブラ 愛と幻想の伝説』★★
1986年、ズデニェック・トゥロシュカ監督。
塔に幽閉されたお姫様を、空飛ぶ機械を発明した靴屋の若者が救出する話。お姫様はよほど男に飢えていたのか映画前半で若者とあっさり結ばれてしまう。ふたりして塔から脱出したもののお姫様は魔女に誘拐されてしまう。若者は幾多の試練を乗り越えお姫様のもとにたどり着く。中盤のくだりは凡庸だが、魔女の元から救い出してめでたしめでたしとはならずラストもうひと展開あるのがミソ。機械仕掛けの鳥や魔女のテーブルに出現するキノコが立体アニメで表現されていて楽しい。
[PR]
by tomezuka | 2007-10-23 02:25 | 映画徒然草チェコ編
<< 映画徒然草チェコ編その3 映画徒然草チェコ編 >>