奇想漫画家・駕籠真太郎ブログ。単行本、イベント、特殊玩具など。視聴した映画のコメントは「映画徒然草」としてまとめています。駕籠真太郎公式HP【印度で乱数】http://www1.odn.ne.jp/~adc52520/
by tomezuka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
駕籠漫画
駕籠イベント
映画徒然草ホラー編
映画徒然草コメディ編
映画徒然草チェコ編
映画徒然草SF編
映画徒然草特撮編
映画徒然草アニメ編
映画徒然草前衛編
映画徒然草邦画編
映画徒然草ノンジャンル
映画徒然草アジア編
映画徒然草タイ編
映画徒然草香港編
映画徒然草インド編
うんこ
特殊玩具
CD
笑い
活字
ニュース
未分類
以前の記事
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


映画徒然草ミヒャエル・ハネケ監督作品その1

オーストリアのミヒャエル・ハネケ監督作3本。

『セブンス・コンチネント』★★★★
1989年オーストリア、ミヒャエル・ハネケ監督。
平凡な中産階級の一家(父、母、幼い娘)が一家心中するまでの様子を、これ以上ないくらい冷徹な視点で描写した映画。心中する具体的な理由はほとんど描かれず、特に映画前半は何でもない一家の日常がこれといった盛り上がりもなく淡々と綴られる。はっきり言って退屈なくらいなのだが後半に一転、家具や日常生活道具などの家庭を構成する物質的要素を徹底的に粉砕し、最後に服毒自殺を図る。時おり挿入される荒涼とした海辺のカットは涅槃の風景なのだろうか?

『ベニーズ・ビデオ』★★★★
1992年オーストリア・スイス、ミヒャエル・ハネケ監督。
しょっぱなから家畜の豚の屠殺シーンのビデオ映像。撮影したのはビデオおたくの少年ベニー、彼は撮影時に屠殺用の銃をくすねて隠し持っている。ベニーはいつも通っているレンタルビデオ店で少女をナンパし家に連れ込むが、屠殺銃で悪ふざけしているうちに少女を射殺してしまう。少女射殺も固定カメラでバッチリ撮影しており、映像を眺めているところを両親が目撃。だが父親は息子を通報することなく、隠蔽工作に走るのだった。少女を射殺するくだりがとにかく圧巻。直接的な血まみれカットはないものの異様な迫力に満ちている。

『71フラグメンツ』★★
1994年オーストリア・ドイツ、ミヒャエル・ハネケ監督。
19歳の少年が突発的に銀行で複数の人間を射殺した後に自殺。その惨劇に至るまでの犯人の少年と被害者たちの日常が映画の大半を占めている。日常の平凡さ加減は『セブンス~』同様に意図的に退屈に描かれている。陰影の濃い画面、印象的なカットなど美しい場面も多いのだが、物語性を排している上に複数の登場人物たちがおのおのどういう関係なのか、そしてどこへ向かっているのかまったく見せてくれない。そして唐突に訪れる乱射のクライマックス。衝動的殺人の理由も何となくは描かれているのだが、それが真の理由という明言もなし。完全に見る側の解釈にゆだねられている。観客はそこに何らかの理由を垣間見るかもしれないし、何も見えてこないかもしれない。ファスビンダーの『何故 R氏は発作的に人を殺したか?』を思い出した。こちらの映画もラスト唐突に起こる惨劇に説明らしき説明がない。
[PR]
by tomezuka | 2007-10-29 18:50 | 映画徒然草ノンジャンル
<< 映画徒然草チェコ編その5 展示会、本日終了 >>