奇想漫画家・駕籠真太郎ブログ。単行本、イベント、特殊玩具など。視聴した映画のコメントは「映画徒然草」としてまとめています。駕籠真太郎公式HP【印度で乱数】http://www1.odn.ne.jp/~adc52520/
by tomezuka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
駕籠漫画
駕籠イベント
映画徒然草ホラー編
映画徒然草コメディ編
映画徒然草チェコ編
映画徒然草SF編
映画徒然草特撮編
映画徒然草アニメ編
映画徒然草前衛編
映画徒然草邦画編
映画徒然草ノンジャンル
映画徒然草アジア編
映画徒然草タイ編
映画徒然草香港編
映画徒然草インド編
うんこ
特殊玩具
CD
笑い
活字
ニュース
未分類
以前の記事
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


映画徒然草アメリカ犯罪系映画その3

アメリカ犯罪系映画、ハンフリー・ボガートスペシャル。

『三つ数えろ』★★
1946年米、ハワード・ホークス監督。
ハンフリー・ボガートはロボットである。無表情かつ抑揚を欠いたセリフ回しで始終何を考えているか分からない。彼の手にかかると複雑怪奇な事件はいつの間にやら解決し、美女は彼の胸板に顔を埋めることとなる。
難解なストーリーとして有名な本作だが、初見で事件のすべての仔細を理解できる人間はほとんどいないのではなかろうか?自分の場合も途中でさっぱり筋が分からなくなり、理解することを放棄してしまった。だがどうやらボギーにはすべてが見通せているらしい。本作でのボギーは私立探偵なのだが、次から次へと新たな真相が明らかになってもその都度冷静に対処分析し、やはりいつの間にやら自体は収束している。観客はおろか、監督のハワード・ホークスですら彼のスピードにはついていけないだろう。

『孤独な場所で』★★★★
1950年米、ニコラス・レイ監督。
本作でのボギーは映画脚本家。ボギーの元を訪れた若き女性が帰り道に殺害され、彼に嫌疑がかかる。彼の無実を信じる隣人女性はかねてよりボギーに想いを寄せており、事件をきっかけに婚約することとなる。だがボギーの秘められた野獣性を見るにつけ、徐々に疑念にとらわれるようになる。映画の主軸は犯人探しではなく、愛する人間がひょっとしたら犯罪者なのではないか?と婚約者が疑心暗鬼になっていく過程にある。『断崖』『疑惑の影』なんかでヒッチコックがよくやってたやつだ。
ここでのボギーもいつも通りの無表情で何を考えているのかさっぱり分からないのだが、時折り突発的に暴力を振るったりする。ほとんど機械的な反応で相手を叩きのめす。「サラ・コナー殺害」をインプットされたシュワルツェネッカーと大した変わりはない。そうか、やっぱりボギーはロボットだったんだ。

『キー・ラーゴ』★★
1948年米、ジョン・ヒューストン監督。
本作でのボギーは復員将校で、戦死した部下の父親を尋ねてキー・ラーゴ島にやってくる。父親はこの島でホテルを経営しているのだが、ここにはすでにエドワード・G・ロビンソン演じるギャングのボスと部下が潜伏していたのだ。ボギーはいつもながらの無表情だが、非暴力主義を演じているのかギャングたちの非情な仕打ちに対してもまったく反抗することはない。どうしたボギー、君はターミネーターじゃなかったのか?!だがやはりボギーには暴力本能がインプットされていた。ラスト、ものの数分でギャングたちを皆殺し!すごいぜボギー・ザ・グレート!
[PR]
by tomezuka | 2007-11-11 02:08 | 映画徒然草ノンジャンル
<< 映画徒然草フライシャー監督作品 ピアノ線映画 >>