奇想漫画家・駕籠真太郎ブログ。単行本、イベント、特殊玩具など。視聴した映画のコメントは「映画徒然草」としてまとめています。駕籠真太郎公式HP【印度で乱数】http://www1.odn.ne.jp/~adc52520/
by tomezuka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
駕籠漫画
駕籠イベント
映画徒然草ホラー編
映画徒然草コメディ編
映画徒然草チェコ編
映画徒然草SF編
映画徒然草特撮編
映画徒然草アニメ編
映画徒然草前衛編
映画徒然草邦画編
映画徒然草ノンジャンル
映画徒然草アジア編
映画徒然草タイ編
映画徒然草香港編
映画徒然草インド編
うんこ
特殊玩具
CD
笑い
活字
ニュース
未分類
以前の記事
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


映画徒然草アメリカ犯罪系映画その5

アメリカ犯罪系映画、ハンフリー・ボガートスペシャルpart2

『暗黒への転落』★★★★
1949年米、ニコラス・レイ監督。
本作でのボギーは弁護士で、警官殺しの罪で起訴された青年の無罪を信じて弁護を引き受ける。警官殺し~容疑者逮捕までの見事な導入部、そして法廷での弁護士ボギーと検察官との緊迫感あふれる丁々発止のやりとりへと続いていくのだが、ここではボギーの弁護士としての活躍よりも被告の青年の貧しいがために小悪党に転落していく過去が執拗に語られることとなる。主人公はあくまで被告の青年であり、ボギーは今回は狂言回しなのだ。そのせいか、さすがのボギー・ザ・グレートの活躍もすべて徒労に終わり、ラストの大演説も悪あがき程度にしか聞こえず大いなる虚無感に包まれる。

『殴られる男』★★★
1956年米、マーク・ロブソン監督。
本作でのボギーは新聞記者。コラムを連載していた新聞の廃刊によってお払い箱になり、職を探していたところボクシングの悪徳プロモーターに八百長試合の片棒担ぎの記事を書かされることとなる。素人同然のボクサーをスターにするために対戦相手に裏金与えて負けてもらったり、といった誇張演出がなかなか楽しい。トントン拍子すぎてまったくリアリティがないけど。まあボクサーに限らず、スターを作り上げるというのはこういったヤラセ演出は不可欠なものなのだろう。

『ハイ・シェラ』★★★
1941年米、ラオール・ウォルシュ監督。
本作でのボギーは脱獄犯人。義理堅く女性に優しいなどといった後のボギー要素も見られるが、惚れた女性にあっけなくふられるなどはボギー・ザ・グレートらしからぬところ。『三つ数えろ』ではチョイ役の書店店員やタクシー運転手の女性にまで色目使われていたというのに。それもそのはず、本作はハンフリー・ボガート初の主演作品。同年『マルタの鷹』での堂々たるロボット振りはまだ未完成だったのだ。ウォルシュ監督の演出は快調そのもの。金庫破りして以降の逃避行、山岳地帯でのカーチェイスに銃撃戦と、ボギーは死に向かって突き進む。
[PR]
by tomezuka | 2007-11-16 04:24 | 映画徒然草ノンジャンル
<< デザインフェスタは明日からです 映画徒然草アメリカ犯罪系映画その4 >>