奇想漫画家・駕籠真太郎ブログ。単行本、イベント、特殊玩具など。視聴した映画のコメントは「映画徒然草」としてまとめています。駕籠真太郎公式HP【印度で乱数】http://www1.odn.ne.jp/~adc52520/
by tomezuka
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
駕籠漫画
駕籠イベント
映画徒然草ホラー編
映画徒然草コメディ編
映画徒然草チェコ編
映画徒然草SF編
映画徒然草特撮編
映画徒然草アニメ編
映画徒然草前衛編
映画徒然草邦画編
映画徒然草ノンジャンル
映画徒然草アジア編
映画徒然草タイ編
映画徒然草香港編
映画徒然草インド編
うんこ
特殊玩具
CD
笑い
活字
ニュース
未分類
以前の記事
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


穴映画

ひさびさに穴映画を鑑賞。

『男の争い』★★★★
1955年仏、ジュールズ・ダッシン監督。
刑務所を出たばかりの男が仲間にさそわれ宝石店の金庫破りを計画。宝石店の上階に潜入→中年夫婦を縛り上げる→床に大穴を掘る→宝石店に潜入→金庫に穴を開ける→パトロールをかいくぐって逃走、といった過程がセリフも音楽もなく静かに進行する様が圧巻。完璧に見えた計画だが思わぬ落とし穴が・・・。



穴映画とは文字通り穴が現れる映画である。穴を掘る、穴に侵入するといった場面が見せ場となり、場合によっては最終目的ともなる。

穴映画の代表作としては
『穴』1960年仏、ジャック・ベッケル監督。囚人たちが脱獄のためひたすら穴を掘る。
『マルコビッチの穴』1999年米、スパイク・ジョーンズ監督。俳優ジョン・マルコビッチの頭の中に通じる穴をめぐる物語。
『放射能X』1954年米、ゴードン・ダグラス監督。放射能で巨大化した蟻たちの巣穴を焼き払おうとするパニック映画。
『HOLE』1998年台湾・仏、ツァイ・ミンリャン監督。床に穴が開いたことによる、上階と下階の男女の交流。
『黄金の7人』1965年伊、マルコ・ヴィカリオ監督。地下金庫の金塊を強奪するため泥棒一味が穴を掘る。
『ブラックホール』1979年米、ゲイリー・ネルソン監督。宇宙最大の穴に挑むSF。
『スター・ウォーズ』1977年米、ジョージ・ルーカス監督。デス・スターの弱点である熱 廃棄孔という穴にミサイルを挿入しようとするSF。
『地獄の門』1980年伊、ルチオ・フルチ監督。電動ドリルで頭に穴を開けることに熱中する男の物語。(このシーン以外はすべて蛇足である)
・・・などが挙げられる。

女性器という穴を目指すポルノ・ピンク映画や、人体にさまざまな凶器で穴を開けて被害者を絶命させようとするスラッシャーホラー映画、洞窟の奥を目指す冒険映画も広い意味で穴映画といえる。

脱獄、探索、交流など目的はさまざまだが、いずれにせよ人間は強烈な欲望をもって穴を掘り、または穴の奥を目指す。人間にとって穴掘りという行為は原初的欲求なのだ。性器挿入を知らない幼少の頃でも、砂場の穴掘りや洞窟探検の楽しさは知っている。ほとんどの人間は産道という穴を通過してこの世に出現するのだから、穴を目指すというのは望郷の念でもあり誕生の喜びでもあるのかもしれない。
[PR]
by tomezuka | 2007-11-27 01:35 | 映画徒然草ノンジャンル
<< 映画徒然草アメリカ犯罪系映画その8 映画徒然草ドン・シーゲル監督作品 >>