奇想漫画家・駕籠真太郎ブログ。単行本、イベント、特殊玩具など。視聴した映画のコメントは「映画徒然草」としてまとめています。駕籠真太郎公式HP【印度で乱数】http://www1.odn.ne.jp/~adc52520/
by tomezuka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
駕籠漫画
駕籠イベント
映画徒然草ホラー編
映画徒然草コメディ編
映画徒然草チェコ編
映画徒然草SF編
映画徒然草特撮編
映画徒然草アニメ編
映画徒然草前衛編
映画徒然草邦画編
映画徒然草ノンジャンル
映画徒然草アジア編
映画徒然草タイ編
映画徒然草香港編
映画徒然草インド編
うんこ
特殊玩具
CD
笑い
活字
ニュース
未分類
以前の記事
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


映画徒然草ユーロトラッシュ編

イタリアのジャーロ、サスペンス系映画。

『スパズモ』★★★
1974年伊、ウンベルト・レンツィ監督。
浜辺で倒れた女性を救ったプレイボーイの主人公。彼はその後船上パーティで女性と再会しナンパ。さっそくモーテルへとしけこむのだが、そこへ謎の殺し屋が侵入。もみ合いの末殺し屋を返り討ちで射殺てしまう。が、現場に戻ると殺し屋の死体は消滅。死んではいなかったのか?誰かが運び去ったのか?
そんな具合で次々事件が勃発し、しかも登場人物がことごとく怪しいやつばかり。どうやら主人公を陥れる罠が仕組まれているらしいのだが、突如主人公の過去の秘密とか出てきたりととにかく混乱した展開。何が何やら分からないでいると終盤の唐突なすさまじい謎解き。ああ、これまでの混沌ぶりはこのオチのためだったのね、とやっと納得の怒涛の90分。ただ謎ときといっても、例えば「謎かけ」における「〇〇とかけて××ととく、その心は・・・」といったやつの〇〇と××をはっきり見せずに心をとかれている感じ。
ジャーロ、というよりも、ニューロティック系フィルムノワールの印象が強かった。

『デリリウム』★★
1972年伊、レナード・ポルセリ監督。
連続殺人鬼で性的不能者だけど妻は死ぬほど愛してる大学教授。こんなアパラパーな男が彼の犯行とは無関係の連続殺人事件に巻き込まれる。果たして真犯人は・・・?
はっきり言って真犯人は中盤で分かっちゃうけど、それ以上に大学教授とその妻との過剰な愛の応酬がゲップが出るほど盛り込まれていて、SM幻想やら愛の応酬に聞き耳立ててオナる女中やら夫婦に横恋慕するレズ女やらが入り乱れて、ととにかく混沌とした内容。

『暴行列車』★★
1975年伊、アルド・ラド監督。
故郷に戻る途中の女の子ふたりが、長距離列車の中で粗暴な男ふたりと謎の中年女に性的虐待されまくった挙句に殺される。犯行グループの内輪もめでひとり負傷したため立ち寄った医師の家、実は医師は女の子の父親だった。娘を死に追いやった張本人が彼らであることを知った医師は復讐心に駆り立てられ猟銃片手に襲いかかる!
アメリカ製血まみれサスペンス『鮮血の美学』のパクリであるが、オリジナルに比べ暴行シーンの生々しさが感じられず残念。
[PR]
by tomezuka | 2008-04-11 14:13 | 映画徒然草ホラー編
<< 映画徒然草アジアンホラー編 駕籠真太郎inアムステルダム >>