奇想漫画家・駕籠真太郎ブログ。単行本、イベント、特殊玩具など。視聴した映画のコメントは「映画徒然草」としてまとめています。駕籠真太郎公式HP【印度で乱数】http://www1.odn.ne.jp/~adc52520/
by tomezuka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
駕籠漫画
駕籠イベント
映画徒然草ホラー編
映画徒然草コメディ編
映画徒然草チェコ編
映画徒然草SF編
映画徒然草特撮編
映画徒然草アニメ編
映画徒然草前衛編
映画徒然草邦画編
映画徒然草ノンジャンル
映画徒然草アジア編
映画徒然草タイ編
映画徒然草香港編
映画徒然草インド編
うんこ
特殊玩具
CD
笑い
活字
ニュース
未分類
以前の記事
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


映画徒然草血ドバドバ編

『ハウス・オブ・ブラッド』★★★
2006年ドイツ、オラフ・イッテンバッハ監督。
主人公の医師の車が囚人護送車と激突。囚人たちは刑務官らを皆殺しにし、怪我の治療をするため医師とともに森の中へ逃亡する。森の中には昔ながらの生活を守る人々が共同生活を営んでおり、囚人らは彼らのログハウスに籠城を決め込む。しかし森の人々は血に飢えた食人一族だった!
見せ場は血ドバ。これだけ。しかし描写がハンパではない。刑務官を殴り殺すところなども、一撃ボカッではなく鈍器で何度も何度も殴りつけ、原型がなくなっていく過程をしつこく見せつける。囚人たちが食人一族に食い殺されるさまも腕が飛び頭が飛び全身真っ二つと大盤振る舞い。「阿鼻叫喚」という四文字熟語を絵で示したらきっとこんな感じなのでしょうな。
ところでこの映画、なぜか2部構成となっており、前半のエピソードが終了したかと思うとほぼ同内容の展開が繰り返される。反復によるギャグでもぶちかまされるかと思いきやそれもなし。まったくもって意味不明。

『ハイテンション』★★★
2003年フランス、アレクサンドル・アジャ監督。
女子大生マリーは、親友のアレックスにレズ的恋心を抱いています。そんな彼女の実家にドキドキお泊りの巻。ああ、ひとつ屋根の下にアレックスと一緒。興奮してオナニーのひとつもおっぱじめます。ところが突然なぞの中年男が家に侵入。アレックスの両親と弟を惨殺し、アレックスをかっさらって逃走したからさあ大変。ピストル片手に愛しのアレックス救出にレッツラゴー!
中年男の侵入→殺戮→アレックス拉致→追跡→中年男とバトル、の一連の展開はまったくもって新味はない。あえて言えば殺人鬼の中年男が本当に普通の中年なのがちょっといいかな、と思ってたら終盤ひとひねりあり。中年男の正体や目的がほとんど描かれていないのはそういうことだったのね。
血ドバ描写はなかなか派手。特殊効果はルチオ・フルチのゾンビ映画の特殊メイクを担当したジャンネット・デ・ロッシ。だからなのか?、昨今のハリウッド製バイオレンスものに比べると若干作り物くさく、それがまたいい味出している。噴水のように噴き出す血のりとか。
[PR]
by tomezuka | 2008-05-09 00:04 | 映画徒然草ホラー編
<< 映画徒然草アジアンカルト編 映画徒然草アジアンホラー編 >>