奇想漫画家・駕籠真太郎ブログ。単行本、イベント、特殊玩具など。視聴した映画のコメントは「映画徒然草」としてまとめています。駕籠真太郎公式HP【印度で乱数】http://www1.odn.ne.jp/~adc52520/
by tomezuka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
駕籠漫画
駕籠イベント
映画徒然草ホラー編
映画徒然草コメディ編
映画徒然草チェコ編
映画徒然草SF編
映画徒然草特撮編
映画徒然草アニメ編
映画徒然草前衛編
映画徒然草邦画編
映画徒然草ノンジャンル
映画徒然草アジア編
映画徒然草タイ編
映画徒然草香港編
映画徒然草インド編
うんこ
特殊玩具
CD
笑い
活字
ニュース
未分類
以前の記事
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


超星艦隊セイザーX

テレビ東京2005~2006年に放送していた超星神シリーズの第三弾。

西暦2500年の地球は2005年における宇宙海賊の襲来のため闇に包まれ、勢力を伸ばした宇宙海賊は全宇宙に侵略の魔手を広げていた。
現状を打開するため、反乱軍は戦闘要員と巨大ロボで編成されたセイザーXを過去の地球に送りこみ、襲来した宇宙海賊を倒して未来を変革せんとする。
2005年すなわち現代の人間である安藤拓人は未来人と協力し、戦士ライオセイザーに変身して宇宙海賊を迎え撃つ。

変身する複数のヒーローと彼らが操る巨大ロボという構図は超星神シリーズの基本形。
当シリーズは特撮監督にゴジラシリーズの特撮を演出した川北紘一が当たっており、恐獣(要するに怪獣)と流星神(巨大ロボ)との戦い等、テレビとしては特撮のレベルが非常に高い。
かなり大きなミニチュアセットも組まれており、スケール感の広がりは目を見張るものがある。
この辺は、戦隊シリーズにも見習ってほしいものです。

生真面目なヒーローアクションものだった前2作と比べ、今回は主人公側、敵側双方に漫才のノリツッコミのようなギャグが目立つ。
敵である宇宙海賊の幹部のひとり、ブレアードのキャラの立ち具合もハンパではなく、主人公の安藤拓人と何度も死闘を繰り広げ、時には相手を理解しあい、セイザーX側に捕獲されて飼い犬のごとく拓人の家の庭で飼われ、納豆ごはんで餌づけされ、家事を手伝って洗濯物干しまでする始末。
またメインの舞台が「安藤家の畳敷きの食卓」というのも本作を特徴づけるビジュアルである。
拓人の家族のみならず、未来人たちや着ぐるみキャラである敵たちがちゃぶ台囲んでメシ食ってるさまはこの上なくシュールである。

というと不真面目な印象だが、ストーリー自体はかなりしっかりしている。
宇宙の平和を勝ち取るという重い任務を負った未来人たちの苦悩や葛藤が随所に織り込まれたり、泣けるエピソード、燃えるエピソードもなかなかに充実。
第一部~第三部までの全体的な構成もバランスがよい。
すべての登場人物が平和になりました的な安直なハッピーエンドにしていないのも好感が持てる。
ヒーローものとして完成度の高い傑作といえるでしょう。
[PR]
by tomezuka | 2009-02-18 00:29 | 映画徒然草特撮編
<< 映画徒然草インド蛇神様 侍戦隊シンケンジャー >>