奇想漫画家・駕籠真太郎ブログ。単行本、イベント、特殊玩具など。視聴した映画のコメントは「映画徒然草」としてまとめています。駕籠真太郎公式HP【印度で乱数】http://www1.odn.ne.jp/~adc52520/
by tomezuka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
駕籠漫画
駕籠イベント
映画徒然草ホラー編
映画徒然草コメディ編
映画徒然草チェコ編
映画徒然草SF編
映画徒然草特撮編
映画徒然草アニメ編
映画徒然草前衛編
映画徒然草邦画編
映画徒然草ノンジャンル
映画徒然草アジア編
映画徒然草タイ編
映画徒然草香港編
映画徒然草インド編
うんこ
特殊玩具
CD
笑い
活字
ニュース
未分類
以前の記事
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2007年 04月 12日 ( 1 )

ヤッターマン実写化

タツノコプロの名作ギャグアニメ「ヤッターマン」が三池崇史監督で実写化とか。

どう考えても無謀としか思えない企画ではありますが、是・非はともかく「実写版ヤッターマン」の具体的ビジュアルがまったく想像つきません。これまでにも実写化が報じられた時イメージが沸かなかったことは多々ありますが(キャシャーン、ハットリくんなど)、「実写版ヤッターマン」のつかみどころの無さは前出の比ではありません。三池監督(および製作側)はいかにしてこの難題に挑むつもりなのでしょうか?

さて、30分のギャグアニメを2時間近くある劇場用実写にするためにはどのようなストーリー展開がありうるのか。オリジナルの展開をそっくりそのまま再現するのは到底無理があります。やはり劇場向けに大胆な変更が必要でしょう。この際、オリジナルファンは無視してもよいと思います。以下思いついたものをだらだらと羅列してみました。

1.ジュブナイルものにする。
例えばオリジナルの子供キャラを主役にし、襲い来るドロンボー、助けるヤッターマンという図式にする、とか。ベタではあるが、子供の成長というテーマで一本筋を通せる。(三池監督は「妖怪大戦争」という子供向け映画も撮っている)

2.冒険ファンタジーものにする。
シンドバットシリーズみたいに、お宝を目指すヤッターマンとドロンボーの2組が各地を転々としながら時折戦ったりする。ラストでゾロメカ戦。

3.ヒーローの成長物語にする。
ヤッターマンに何らかの精神的な弱点を付加しドラマに深みを持たせる。「スーパーマン」「バットマン」「スパイダーマン」いずれも何らかの精神的な脆弱さを持っており、それが必ずストーリーにからんでくる。ヤッターマンがヒーローになった理由も当然ながら新しい設定となる。男女ふたりなので恋愛要素も入るかも。この場合、ドロンボー側のキャラははあまり掘り下げられない。

4.完全なバカ映画にする。
基本フォーマットはそのままに、ひたすら小ネタギャグ連打。カット数も通常より2倍以上にしてテンポアップ。パロディ、カンフー、ミュージカル、アニメと表現も思いつく限りのものを臆面もなく詰め込みまくる。いっそのこと全編歌って踊る展開に。下ネタ、楽屋落ち、メタギャグ入れ放題。カルトお笑いタレント(知る人ぞ知る系)総出演。ヤッターマンの性格もオリジナルとは別にする。「オースティンパワーズ」的な勘違い野郎にする、底意地悪くする、とか。

5.SFダークアクションにする
ドクロベェに支配された近未来世界が舞台。ドロンボーはドクロベェの手先として悪逆の限りを尽くしており、反乱分子ヤッターマンが人類の未来をかけて戦いを挑む。メカデザインはギャグタッチを一切排し、「マッドマックス」風のスクラップ感むき出しの無機質メカ。この場合は犬型メカでは無理か?

長くなったので本日はこの辺で。
[PR]
by tomezuka | 2007-04-12 00:03