奇想漫画家・駕籠真太郎ブログ。単行本、イベント、特殊玩具など。視聴した映画のコメントは「映画徒然草」としてまとめています。駕籠真太郎公式HP【印度で乱数】http://www1.odn.ne.jp/~adc52520/
by tomezuka
カテゴリ
全体
駕籠漫画
駕籠イベント
映画徒然草ホラー編
映画徒然草コメディ編
映画徒然草チェコ編
映画徒然草SF編
映画徒然草特撮編
映画徒然草アニメ編
映画徒然草前衛編
映画徒然草邦画編
映画徒然草ノンジャンル
映画徒然草アジア編
映画徒然草タイ編
映画徒然草香港編
映画徒然草インド編
うんこ
特殊玩具
CD
笑い
活字
ニュース
未分類
以前の記事
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2007年 10月 11日 ( 1 )

映画徒然草

レトロムービーコレクションその2。

『宇宙からの侵入者』★★★
1967年英。イギリスのとある田舎町に落下した隕石郡。調査しにきた科学者の一団は次々と謎の宇宙意思に乗っ取られてしまう。ほどなくして突如蔓延する正体不明の病原菌。はたして病原菌と隕石の因果関係は?そして宇宙意思の目的とは?イギリスのジャンルもの、特にホラーはハマープロなど手堅い演出の映画が多いが、本作もありがちな題材ながら実にテンポよいストーリー運びでまったく飽きさせない作り。こういう古典的SFいいなあやっぱ。

『ブラッディナイト 清し血の夜』★★
1972年。かつて主が謎の焼死を遂げた忌まわしき館。その館の相続をめぐって連続殺人が発生する。殺人事件の犯人は?そして館にまつわる因縁とは・・・。過去の回想シーンで登場する白装束の精神病患者の集団脱走&大殺戮が異様な雰囲気をかもし出していてなかなかの見もの。とくに患者集団がわらわら歩いてくるあたりは『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』を髣髴とさせる。

『SOS地球を救え!』★★
1960年イタリア。監督はベトナム症候群系カニバル映画の珍品『地獄の謝肉祭』のアンソニー・ドーソン。とはいっても人喰いシーンもどてっぱら貫通シーンも皆無(当たり前)、地球に壊滅的ダメージを与える宇宙船の軌道を変えるべく奔走する宇宙飛行士たちの活躍を、手に汗握る展開で手堅く見せてくれる。低予算のミニチュア特撮の安っぽさはもはや笑うしかないが。

『地球最終戦争』★★
1961年イタリア。またもやアンソニー・ドーソン監督。巨大隕石を操って地球征服にやってきた宇宙人たちとの攻防戦が展開。若い科学者カップルが主役かと思いきやおっとどっこい真の主役はクロード・レインズ扮するキチガイ科学者だった。ところでこの映画、ところどころ東宝特撮を髣髴とさせる場面が多々出てくる。冒頭で隕石に地球のロケットが吸い寄せられるのは『妖星ゴラス』、ロケットと円盤の戦闘はまんま『宇宙大戦争』だ。もちろん技術的には円谷の1/100程度のものだが。そして圧倒的戦力を有する敵円盤軍への攻撃は「音楽でかく乱させ自滅させる」という、マクロスのリン・ミンメイ方式!
[PR]
by tomezuka | 2007-10-11 04:39 | 映画徒然草SF編