奇想漫画家・駕籠真太郎ブログ。単行本、イベント、特殊玩具など。視聴した映画のコメントは「映画徒然草」としてまとめています。駕籠真太郎公式HP【印度で乱数】http://www1.odn.ne.jp/~adc52520/
by tomezuka
カテゴリ
全体
駕籠漫画
駕籠イベント
映画徒然草ホラー編
映画徒然草コメディ編
映画徒然草チェコ編
映画徒然草SF編
映画徒然草特撮編
映画徒然草アニメ編
映画徒然草前衛編
映画徒然草邦画編
映画徒然草ノンジャンル
映画徒然草アジア編
映画徒然草タイ編
映画徒然草香港編
映画徒然草インド編
うんこ
特殊玩具
CD
笑い
活字
ニュース
未分類
以前の記事
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2007年 11月 25日 ( 1 )

映画徒然草アメリカ犯罪系映画その7

『らせん階段』★★★★
1945年米、ロバート・シオドマク監督。
障害者受難、シリアルキラー映画で、ホーンテッドハウスもの的な側面も持ち合わせたサスペンススリラー。眼球のクローズアップやそれにオーバーラップする被害者の姿など後のイタリアンホラーを想起させる。長く伸びたらせん階段の影、暗闇に潜む殺人者、館に限定された舞台、寝たきりの館の主である老婆、後天的障害で声を出せず電話で助けを呼べないヒロイン、とホラー要素満載なのが嬉しい。ラストもう少しヒロインをいたぶって欲しかった。

『ギルダ』★★
1946年米、チャールズ・ウィドア監督。
犯罪映画、というにはちと苦しいが、フィルムノワールの代表的一本ということで。タイトルロールの美女ギルダを演じるリタ・ヘイワースはこの作品でハリウッドを代表するセックスシンボルとなった。のだけど、どうもこの女優さんの顔は下品で正視できない。叶姉妹に通ずる下品さ。終盤のギルダのクネクネダンスが何か妙で面白かった。

『ボディ・アンド・ソウル』★★★★
1947年米、スチュアート・ヘイスラー監督。
これも犯罪映画というには苦しい。でもフィルムノワール作品ではおなじみの過去への回想やモノローグ、陰影の濃い暗い画面はなかなか魅力的なので。物語を直線的になぞらない話法はこの頃の流行なのだろう。実力派ボクサーが金と名声で次第に堕落していくというストレートなお話をたたみかけるようなテンポで一気に見せている。善人の恋人や母親、よき理解者の友人、悪徳プロモーター、誘惑する悪女とまるで教科書のようなキャラ配置だがこの映画に限っては決して不快なものではない。『罠』に比べてボクシングシーンにリアルな迫力がなかったのが残念。
[PR]
by tomezuka | 2007-11-25 02:19 | 映画徒然草ノンジャンル