奇想漫画家・駕籠真太郎ブログ。単行本、イベント、特殊玩具など。視聴した映画のコメントは「映画徒然草」としてまとめています。駕籠真太郎公式HP【印度で乱数】http://www1.odn.ne.jp/~adc52520/
by tomezuka
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
駕籠漫画
駕籠イベント
映画徒然草ホラー編
映画徒然草コメディ編
映画徒然草チェコ編
映画徒然草SF編
映画徒然草特撮編
映画徒然草アニメ編
映画徒然草前衛編
映画徒然草邦画編
映画徒然草ノンジャンル
映画徒然草アジア編
映画徒然草タイ編
映画徒然草香港編
映画徒然草インド編
うんこ
特殊玩具
CD
笑い
活字
ニュース
未分類
以前の記事
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2008年 07月 02日 ( 2 )

映画徒然草タイのメー・ナークもの

タイ映画のVCDをあさっていると時折、「メー・ナーク・プラカノンもの」にぶち当たります。「メー・ナーク・プラカノン」はタイのホラーの定番で、日本における四谷怪談のようなもの。タイでは過去何度も映画化されています。

内容を要約すると・・・
プラカノン川沿いに住むナーク夫人は、旦那が兵役で長期留守中に産気づき出産もままならないまま死亡てしまう。だがこの世に未練を残すナーク夫人はピー(タイにおける精霊、悪霊などの総称)として復活する。夫人の死を知らずに帰還した旦那は、生前の姿と変わらない夫人とまた仲睦まじく暮らし始める。しかしどうも夫人の様子がおかしい。就寝中に一瞬顔が醜く変貌したり、手がニュルニュル伸びたり。ついに夫人が魔性であることに気付いた旦那は寺院に助けを求め、夫人は高僧の手により壺に封じ込められるのだった。

1936年にすでに「メー・ナーク・プラカノン」映画は作られており、1999年製作の『ナン・ナーク』は日本でも公開されています。
最近見たものの中から何本かピックアップ。タイ版VCDなのでセリフはタイ語、字幕なしなので細かい内容はまったく分からないのですが。

『Winyan Rak Mae Nak Phra Khanong』
1990(?)年タイ、Yutthaphum Daothai監督。
前半、夫婦の暮らしぶりや村の若者描写が丹念に描かれており、夫人が死んでピー化するという定番描写に至るまでがやたら長い。言葉が分からないので正直退屈してしまったが、その分(?)夫人が産気づいて死ぬまでの苦悶ぶりがやたら濃厚に描写されている。ピーと化した後は村の至る場所に出没しては村人を脅かし憂さを晴らす夫人。しかも高僧に退治されることもなく中途半端に終了してしまう。


d0008799_1925287.jpg


『Mae Nark Ar-La-Ward』
1989年タイ、スリヨン・ドウォントゥンリー監督。
墓場から復活した何体ものピー(腐乱ゾンビ風)が音楽に合わせてピョンピョン踊るという意味不明シーンから始まる。こちらの映画では夫人は早々に死亡しピーとして復活。しかもかなり凶暴で、呪術師の生首を素手でもぎ取ったりする。旦那がウジのわいたご飯を知らずに食わされるグロ場面もある。旦那がふと気付くと夫人の顔が変貌していたり、手が伸びたりの定番描写もしっかり完備。


d0008799_19283922.jpg
[PR]
by tomezuka | 2008-07-02 19:36 | 映画徒然草タイ編

映画徒然草タイホラーコメディ

『SARS WARS』(原題Khun krabii hiiroh)★★★★
2004年タイ、Taweewat Wantha監督。
タイのアクションホラーコメディ。
金持ちのお嬢さんが誘拐され高層ビルの一室に監禁、お嬢さんの親から依頼を受けた武道家が救出に向かう。ところがそのビルの中は、サーズに感染しなぜかゾンビ化した奴らが大量増殖していた!
『ブレインデッド』ほどハイテンションではないけど、かなり面白い。ギャグはベタなんだけど、ベタギャグが伏線になっててしっかりオチにつながったりと脚本がよく出来ている。タイ映画の欠点である冗漫さもなく、各見せ場も趣向が凝らされている。ついでに誘拐されるお嬢さんも可愛い。

d0008799_17392745.jpg
[PR]
by tomezuka | 2008-07-02 17:39 | 映画徒然草タイ編