奇想漫画家・駕籠真太郎ブログ。単行本、イベント、特殊玩具など。視聴した映画のコメントは「映画徒然草」としてまとめています。駕籠真太郎公式HP【印度で乱数】http://www1.odn.ne.jp/~adc52520/
by tomezuka
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
駕籠漫画
駕籠イベント
映画徒然草ホラー編
映画徒然草コメディ編
映画徒然草チェコ編
映画徒然草SF編
映画徒然草特撮編
映画徒然草アニメ編
映画徒然草前衛編
映画徒然草邦画編
映画徒然草ノンジャンル
映画徒然草アジア編
映画徒然草タイ編
映画徒然草香港編
映画徒然草インド編
うんこ
特殊玩具
CD
笑い
活字
ニュース
未分類
以前の記事
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:未分類( 44 )

サッカー大本営発表

今晩は日本戦ですね。自分はサッカーに詳しくないので戦力分析的なものができないのですが実際どうなんでしょうか。

ところでテレビはニュースもバラエティもどこもかしこもサッカーばかりなので、見ているうちに日本代表を応援しなければ非国民だと洗脳されているような錯覚にとらわれます。まるで戦時下のようです。国家に賛同しない=非国民みたいな。

戦時下といえば、日本映画の監督は国策映画を撮らされていました。「ハワイマレー沖海戦」のような日本軍が大活躍する映画だったり、国家に奉仕することはよいことだといった内容を盛り込んだコメディだったり。国民の戦意を高揚させるために嘘の戦果発表をおこなったりもしていました。
さすがに現在ではかつての大本営発表のようなことはないでしょうが、テレビの現状は国民の戦意を高揚させようとしていた当時に何だか似ている気がします。

国際レベルのスポーツでサッカーほど血の気の多いものはないです。フーリガンなんて存在もあるし、選手が殺される事件もありました。サッカーの起源は戦場において敵兵士の生首を敵の陣地に蹴り返してやったのが始まりという説をどこかで見たこともありますし。
サッカーには、戦争のように人間の闘争本能に訴えかけるものがあるようです。
[PR]
by tomezuka | 2006-06-18 13:37

世界バラバラ映画祭

架空妄想映画祭、第二回は世界バラバラ映画祭です。

「ガメラ対大悪獣ギロン」
湯浅憲明 監督(69年)
映画冒頭、宇宙ギャオスが包丁怪獣ギロンにバラバラに切断されます。

「ロボコップ2」
アーヴィン・カーシュナー監督(90年)
中盤、おなじみロボコップがくそガキどもにバラバラに分解されます。

「モンティ・パイソン・ホーリーグレイル」
テリー・ギリアム、テリー・ジョーンズ 監督(75年)
両手両足をバラバラ切断されてもなお闘争心を失わない騎士の精神に涙します。

「妖怪奇兵」
チェン・チー・ホワ監督
香港特殊カンフー映画。ラスト、特殊能力を身につけた主人公が敵の攻撃で五体をバラバラにされますが、バラバラに分解された状態で敵を攻撃、やっつけます。

「怪談バラバラ幽霊」
小川欽也 監督(68年)
殺害されバラバラにされた女性がバラバラの姿のまま幽霊となって化けて出てきます。68年製作の大蔵ゲテモノ映画です。

「子連れ狼 三途の川の乳母車」
三隅研次監督(72年)
忍者がくの一集団によってたかってバラバラに切断されます。シリーズ中もっとも血の気の多い作品です。

「ボディパーツ」
エリック・レッド監督(92年)
バラバラにされ方々の患者に移植された人体パーツの持ち主である死刑囚が自分のパーツを集めてまわります。

「カル」
チャン・ユニョン監督(99年)
韓国映画。連続するバラバラ殺人事件を捜査する刑事。バラバラ死体がみずみずしい一編です。

「テハンノで売春していてバラバラ殺人にあった女子高生、まだテハンノにいる」
ナム・ギウン 監督(2000年)
韓国からはもう一本参加です。バラバラにされた女子高生が殺人マシーンとして復活します。なんだかよく分らない映画です。

「恐怖奇形人間」
石井輝男監督(69年)
ラストの人間花火夕焼け空に舞い散るバラバラ死体で場内拍手喝采、映画祭は大団円を迎えます。

※特別プログラム~テレビ特撮バラバラ列伝~
『人造人間キカイダー』41話「壮絶ジロー空中分解!」ダークロボット赤地雷ガマにやられてキカイダーバラバラになります。
『ウルトラマンレオ』50話「レオの命よ!キングの奇跡!」円盤生物ブニョによってレオがバラバラに切断されます。
『怪奇大作戦』16話「かまいたち」真空発生装置による無差別バラバラ殺人事件をSRIが追跡します。
『がんばれ!ロボコン』ロボパーがショックでバラバラになるシーンを集めてみました。
[PR]
by tomezuka | 2006-06-17 13:14

世界豚映画祭

映画祭のプログラムを妄想してみました。
第一回はブタちゃんが大活躍する世界豚映画祭です。

「豚と軍艦」
今村昌平監督(61年)
ラストに豚の大群が大挙して町にあふれ出し、主人公たちをことごとく踏み殺していきます。

「豚の報い」
崔洋一監督(99年)
生焼けの豚肉を食べたため主要キャラがみな食中毒となって下半身大洪水となります。

「豚小屋」
パゾリーニ監督(69年)
主人公がラスト、豚に食われます。監督はパゾリーニ。

「殺人豚」
マーク・ローレンス監督
田舎の喫茶店の店主が人を殺して飼育している豚に食わせて死体隠滅を図ります。

「デビルスピーク」
エリック・ウェストン監督(81年)
復活した悪魔の魔力で凶暴化した野豚に美女が食い殺されます。全裸で。

「ハンニバル」
リドリー・スコット監督(2001年)
レクターの元患者の男が、レクター殺害用に飼っていた豚に逆に食われてしまいます。「羊たちの沈黙」の不出来な続編です。

「ゾンビコップ」
マーク・ゴールドブラット監督(89年)
食用の豚の丸焼きがゾンビ化して襲ってきます。

「豚鶏心中」
松井良彦監督(81年)
豚を電気ショックで麻痺させ喉を切り裂くという屠殺場面の記録映像のバックに君が代が流れます。
[PR]
by tomezuka | 2006-06-17 13:01

同人誌などの委託先追加です

同人誌「世界がもし100個のうんこだったら」
同人誌「印度で乱数お蔵だし」
DVD「駅前花嫁」
の委託店追加です。ライブイベントや上映会なども行われる喫茶店で、江古田Flying Teapodと方向性を同じくするお店です。ひょっとしたらこちらで駕籠自身何かイベントやらせていただくかもしれません(予定は未定)。

【前衛派珈琲処 Matching Mole(マッチングモール)】
             
営業時間:TUE~THU:18時~24時(ラストオーダー)
       FRI~SUN:14時~24時(ラストオーダー)
月曜定休

東京都杉並区高円寺南3-45-1 永和ビル3F

 
[PR]
by tomezuka | 2006-06-12 02:48

うんこ同人誌委託店追加!

同人誌『世界がもし100個のうんこだったら』(定価1000円)の委託店が関西方面で2店決定いたしました。


古本屋&ギャラリー 【USED BOOK BEE】
京都府左京区元田中西大久保町14-3
叡山電鉄元田中・茶山から徒歩5分 東大路鞍馬口交差点を西へ2軒目
 
営業日:水・土・日
営業時間:13:00~18:00

書籍やグッズ、CDも販売しています。ギャラリーも兼ねています。


本屋【がけ書房】
〒606-8286京都市左京区北白川下別当町33
白川今出川上ル350m東側 京都の街の北東、銀閣寺方面

12:00 ~ 22:00 (水曜のみ14:00オープン)
不定休

ヴィレッジヴァンガードやタコシェに通じる品揃えの本屋さん。
[PR]
by tomezuka | 2006-03-21 01:42

うんこ映画撮影

うんこ映画祭用の駕籠作品を撮影してきましたよ。
いままでの自作映画は以外やうんこ色一切なしといった感じでしたが今回はこれまでの鬱積を晴らすかのごとく怒涛のうんこ三昧です。
スタッフ、キャストとしてご協力いただいた方々もみなことごとくうんこまみれとなり。
いやーうんこって、ホントにいいものですね。
仔細内容は是非4月7日の映画祭当日にご確認くださいませ。
[PR]
by tomezuka | 2006-03-13 11:31

特撮徒然草

『轟轟戦隊ボウケンジャー』、先日スタートアップでした。しょっぱなから変身している5人、偉そうなレッド、久々の顔出し男幹部(オッサン)、敵組織が複数いる、スコップとツルハシで戦う巨大ロボ、斉木しげるの戦隊初レギュラーなど注目点はいろいろです。次回はさらにメカニック描写満載っぽいのでメカ好き男子にはヨダレものです。

『仮面ライダーカブト』、1、2話は正直「?」でしたが、3話の遊園地での戦闘シーンはヒーローものではなかなか新境地。クロックアップというのは当初は「たんに早く動いているだけ」みたいな感じでしたが、3話のクロックアップ描写はほとんど「停止している時間の中でライダーとワームだけが動いている」といった有様。まさくしスタープラチナとザ・ワールドのバトルです。加トちゃんケンちゃんのギャグで志村ケンが停止した時間の中で止まっている人間にいろいろいたづらするというのがありましたが、ジェットコースターでバンザイしたまま固まっている人々は完全確信犯的ギャグですね。
[PR]
by tomezuka | 2006-02-20 14:43

うんこ同人誌が紹介されました

コミティア75の情報誌「ティアズマガジン」23ページにて、同人誌「世界がもし100個のうんこだったら」が紹介されています。紹介していただいたコミティアスタッフの方、ありがとうございました。d0008799_154214.jpg
[PR]
by tomezuka | 2006-02-08 01:06

特撮徒然草

間もなく放送開始です。

「轟轟戦隊ボウケンジャー」

ネーミングがアレだとかまあいろいろありますがそんなことは差し置いて、
「ガテン系のマシンのミニチュア特撮」
ええ、もう、これに尽きます。
はたらくくるま大活躍といえば「激走戦隊カーレンジャー」のVRVマシン初登場の回や「救急戦隊ゴーゴーⅤ」の第一話。
このふたつは某特撮板でも時折話題にあがるほど特撮オタクの間では語り草となっています。
今回はモロ、メカのテーマがはたらくくるま。
そりゃ期待しないほうが無理ってもんです。
何より日本の特撮はやっぱりミニチュアに限ります。
CGなんぞクソ食らえ、やっぱピアノ線で吊らなきゃいかんです。
あれぞ職人芸。
戦隊シリーズは今でこそCGを多用するようになってしまいましたがそれでも要所要所でいまだミニチュア特撮を使用しています。
日本の伝統芸を守っていくためにも戦隊シリーズは存続し続けなければなりません。
[PR]
by tomezuka | 2006-01-30 08:51

特撮徒然草

仮面ライダー35周年らしいですね。

仮面ライダーカブト

とはいいつつ、完全新生をうたった響鬼に比べると設定や描写に新鮮味に欠けます。ハイスピードアクションは555のアクセルフォームと大して変わらないし、ワームのデザインもなんだか野暮ったい。主人公のキャラ設定も「?」だし。かっこよさはなかったけど響鬼の太鼓叩きくらいの意外性欲しいところ。新機軸としてはライダー側に戦闘員がいるということでしょうか。あと映像が段違いに綺麗になってますね。大分フィルムの質感に近づいています。響鬼は途中から見るのが義務的になってしまいましたが、そうはなって欲しくないものです。
[PR]
by tomezuka | 2006-01-30 08:49