奇想漫画家・駕籠真太郎ブログ。単行本、イベント、特殊玩具など。視聴した映画のコメントは「映画徒然草」としてまとめています。駕籠真太郎公式HP【印度で乱数】http://www1.odn.ne.jp/~adc52520/
by tomezuka
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
駕籠漫画
駕籠イベント
映画徒然草ホラー編
映画徒然草コメディ編
映画徒然草チェコ編
映画徒然草SF編
映画徒然草特撮編
映画徒然草アニメ編
映画徒然草前衛編
映画徒然草邦画編
映画徒然草ノンジャンル
映画徒然草アジア編
映画徒然草タイ編
映画徒然草香港編
映画徒然草インド編
うんこ
特殊玩具
CD
笑い
活字
ニュース
未分類
以前の記事
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:未分類( 44 )

特撮徒然草

これで一週間で放映される特撮ヒーローものは5本ですか。すごい世の中になりました。

「魔弾戦記リュウケンドー」

しょっぱなから舞台を「あけぼの町」という架空の町に限定してしまってるのがすごいですね。敵の攻撃対象も日本とか世界とかじゃなくあくまで「あけぼの町」。あけぼの町の商店街などとことん描写が庶民的です。1、2話はプロモーションの意味もあって金のかかった映像となっていますが今後はだんだんしょぼい映像となっていくことでしょう。むしろしょぼくなってからこそ、この番組のよさが出てくるような気がします。ご町内感覚ヒーローて感じで。ちなみに顔出し幹部のDr.ウォームのしょぼくれ爺さんな雰囲気がいい味してます。
[PR]
by tomezuka | 2006-01-30 08:47

映画徒然草

スカパーでやっていたので久々見てみました。ピータージャクソンの新作も公開中だし。

「キングコング対ゴジラ」
シリーズ3作目の当作は、唯一コメディタッチで演出されています。前2作がSFサスペンスとして撮られていたのに3本目にして喜劇とはかなり思い切ったものです。で、何かと馬鹿にされる「怪獣プロレス路線」の走りでもあります。実際、ゴジラとキングコングとの戦いは明らかにプロレスの試合を意識しています。両腕を交差させてカッポンカッポンいわせたり、頭を打ってクラクラしたり。ひょっとしたらコメディタッチということなので、怪獣同士の戦いもあえてコミカルに演出したのかもしれません。とはいってもそこは邦画を代表するドル箱シリーズ、円谷英二の特撮は相変わらず見事だし、エキストラの多さ等制作費も大作レベル。東宝がいかに力を入れていたかがわかります。

キングコング対ゴジラキングコング対ゴジラ高島忠夫 藤木悠 有島一郎

おすすめ平均
stars楽しい“企画物”ですから
stars痛快!
stars傑作、そして哀しみの作品
starsテンポのよい傑作ゴジラ映画です!!
stars昭和レトロ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[PR]
by tomezuka | 2006-01-08 23:58

第一回うんこ映画祭作品募集・告知ふたたび

新年に入っても作品はまだまだ募集中ですよ!

2006年4月、第一回「うんこ映画祭」を開催いたします。イベント開催にあたり、「うんこ」「排泄」テーマのショート映像作品を募集します。プロアマ制限ありません。基本的に集まった作品はすべて上映します(ただし作品数によっては会場、上映日を分けます)。映画祭最後には作品賞などの選考を行う予定です。前代未聞の映画祭に参加してみませんか?!

■主催■
駕籠真太郎(うんこ漫画家)

■テーマ・内容■
「うんこ」「排泄」
テーマに沿っていれば内容は何でもOK。「うんこ」「排泄」の表現を自在に拡大してください。
ギャグ、ホラー、アクション、二次元アニメ、立体アニメ、人形劇、特撮、CG、ドキュメンタリー、西部劇、時代劇、教育もの、韓流、感動ものなどなんでもあり。
新作でなくてもよいです。
※ただしモロ性器描写、モロ肛門描写はNG。あと明らかに犯罪行為と分る映像(盗撮とか)はこちらの判断で上映対象外とさせていただきます。

■作品時間■
10分以内(10分以内であれば10秒程度の一発ネタでもOK)

■媒体■
ビデオカメラで撮影編集されたもの。
メディアは原則として一般DVDプレイヤーで再生可能のDVD。
※かならずバックアップはお手元に保存しておいてください!

■上映会場・日程■
メイン上映会場(2006年4月7日)・新宿ロフトプラスワン
凱旋上映会場(仔細日程は未定)・江古田Flying Teapot

■締め切り■
2006年3月24日(金)必着

■郵送先■
東京都渋谷区道玄坂1-15-3
プリメーラ道玄坂407-273
駕籠真太郎宛

■その他■
作品には「作者名」「タイトル」「作品時間」「作者の連絡先」を明記したものを同封してください。DVDのケースに書いていただいてもよいです。

参加ご希望の方はひとまずHP経由でメールください!具体的な内容が決定している場合はその旨も(必須ではないです。実際制作した内容が違っていても構いません)。これはあくまで参加作品数の確認のためであって、このメールによる選考はありません。ご質問などもこちらのメールでお気軽にお寄せください。事前にメールによるお知らせがなくとも、締め切り内に作品が到着すれば受け付けます。

印度で乱数告知ページ
[PR]
by tomezuka | 2006-01-08 17:26

新作自主短編撮影

「駅前切断」「駅前花嫁」に続く第三弾の短編映画を先日撮影してきました。初日は知人の自宅を借り切って。二日目は都電荒川線の車両内で。電車の中のシーンというのがあり当初は完全ゲリラ撮影を想定していたのですが、荒川線がレンタルをしているとのことで急遽貸し切りました。貸し切りとはいっても約1時間、料金も14000円程度とかなりリーズナブル。6分間隔で走る通常運行の電車の合間に貸し切り車両が走るといった按配です。10人前後のエキストラ参加者共々、無事撮影完了いたしました。

まだ編集作業の真っ最中ですが、上映時間は10分~15分くらい。原作は駕籠の漫画「パラノイアストリート」三巻の最終話を元に構成しています(ただし探偵や助手といったメンバーは一切登場しません!)。完成したのちには、江古田Flying Teapot にて上映いたします。日時は来年2月5日(日)の5時くらいから。

タイトル 『置き手紙』
出演 さとう樹菜子、ほか
監督 駕籠真太郎
撮影 ウズマキマキオ
[PR]
by tomezuka | 2005-12-21 13:13

泥棒と濡れた惨殺死体

うんこ展示会のフライヤーを各所で撒く日々。
先日、同人誌委託場所でもある高円寺のチョコレートチワワに行った時店内にいたら外で「ドロボー!!」「つかまえてー!!」との大声と共にバタバタ駆け抜ける足音が。 ほとばしる野次馬根性で外に出ると、数名の男女が裏路地を走り去っていきます。 どうやら男性がカバンをひったくられ、ひったくり犯と被害者、および正義に燃える協力者数名が追いつ追われつというまるで絵に描いたコントのような光景を繰り広げていた模様。 結局、カバンは奪い返したものの、犯人は取り逃がしてしまったようです。 被害者男性は「警察だ警察呼ぶぞ!」と興奮した口ぶりで歩き去っていきました。
怠惰な日常を忘れさせてくれる素敵な冒険だったね、被害者くん。

ところで、最近は室内に犬を飼っているため、ガチャポン商品の作成作業はベランダでやっています(臭気がなかなか強力なため)。で、完成したバラバラ死体やうんこの一部、シリコンの型など作業用具一式をベランダに放置したまま外出したら見事雨に降られ、ジョボ濡れ死体&うんことなってしまいました。あーあ。みなさんも死体をベランダに隠しているときは気をつけましょうね。
[PR]
by tomezuka | 2005-10-05 00:24

うんこ100展イベント

駕籠真太郎企画監修の同人誌「世界がもし100個のうんこだったら」発売を記念してイベントを開催します。

●展示会「うんこ100展」
開催場所・Cafe FLYING TEAPOT(西武池袋線江古田駅徒歩3分)
開催日時・10月25(火)~11月6日(日)
展示内容・同人誌に掲載された原稿(生原稿、立体造形などあり)+α
※入場料というのはないですが、喫茶店なので何か注文してください!

展示会オープニングパーティ
開催場所・Cafe FLYING TEAPOT (まあ、展示会の会場です)
開催日時・10月26日(水)p.m.6:00~
入場料・1500円(1ドリンク、軽食あり)
実演・さそり(歌謡ショー)、廣島屋(紙芝居)、ウズマキマキオ(自主映画上映)ほか
[PR]
by tomezuka | 2005-09-22 23:03

FM世田谷

FM世田谷の番組にゲストで出演ということで、用賀のスタジオまで収録に行ってきました。 キャンパスラジオカンパニーという番組で、これまでも砂さんや西島大介さんなど漫画家もゲスト出演しているようです。 同人誌とか駅前シリーズのこととか話してきましたよ。

で、放送日時は9月19日22時~23時。 83.4MHzです。
世田谷区およびその近辺でしか聞き取れないですが、よかったら聞いてやってください。
[PR]
by tomezuka | 2005-09-18 00:31

見た映画補足

「ZOO」

乙一原作のオムニバス。
第一話「カザリとヨーコ」。短編としてうまくまとまっていて面白い。
第二話「SEVEN ROOMS」。密室ものでなかなか良いです。部屋の使いまわし方は「CUBE」的。
第三話「SO-far」。これは、小説原作であることの悪い部分が出てしまったのでは。ラストのどんでん返しはちょっと。
第四話「陽だまりの詩」。唯一のアニメーション。当然CGですが、いい雰囲気になっています。お話し自体は大したことないですが。
第五話「ZOO」。話はどうってことはない。腐敗していく死体写真がリアルです。
[PR]
by tomezuka | 2005-09-17 04:52

映画など

最近見た映画(DVD、ビデオ)などを。

「カンフーハッスル」
チャウ・シンチーの喜劇にしてはきわめて普通。カンフーアクションがいまひとつ笑いに結びついていません。「ありえねー」カンフー映画はそれこそジミー・ウォングのやつとかツイ・ハークのやつとか過去にいくらでもあるので、いまさらどうよという感じです。

「スーパーサイズミー」
マックのメニューを一ヶ月間食べ続けるとどうなるかというドキュメンタリーでアメリカの食生活の問題点なども浮き彫りにしております。ただ食べ続けた結果がどうだったかというと案の定予想通りだったので、別段衝撃はないです。ああ、やっぱりね、という具合で。いっそのこと一年食べ続けて死んじゃったりしてほしかったです。

「花と蛇2」
相変わらず杉本あややのワンマンショー。(テレビバラエティに出てる女優としては)過激なエロプロモーション映像の数々。前回は排尿だったので今回は排便か、と思いきや残念でした。でも真の主役は宍戸ジョーです。大仕掛けで騙す。あ、これってジョーが司会してた「どっきりカメラ」と同じじゃないか!最後に野呂圭介が「ど~も~」と出てきても違和感なかったでしょう。

「渋谷怪談・サッちゃんの都市伝説」
「ベッドの下に侵入者」「ピアスの白い糸」などのおなじみの都市伝説をモチーフとしたショート短編集。サッちゃんという少女幽霊が狂言回しとなっています。ええと。途中で寝てしまいました。はい。
[PR]
by tomezuka | 2005-09-16 11:49

だるま

選挙が盛り上がっておりましたな。自民党圧勝でしたが、必勝だるまで祈願していれば野党ももっと議席を増やせたはずです。残念!
[PR]
by tomezuka | 2005-09-12 01:58