奇想漫画家・駕籠真太郎ブログ。単行本、イベント、特殊玩具など。視聴した映画のコメントは「映画徒然草」としてまとめています。駕籠真太郎公式HP【印度で乱数】http://www1.odn.ne.jp/~adc52520/
by tomezuka
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
駕籠漫画
駕籠イベント
映画徒然草ホラー編
映画徒然草コメディ編
映画徒然草チェコ編
映画徒然草SF編
映画徒然草特撮編
映画徒然草アニメ編
映画徒然草前衛編
映画徒然草邦画編
映画徒然草ノンジャンル
映画徒然草アジア編
映画徒然草タイ編
映画徒然草香港編
映画徒然草インド編
うんこ
特殊玩具
CD
笑い
活字
ニュース
未分類
以前の記事
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:駕籠漫画( 143 )

うんこ漫画連作

英和出版「ベビーフェイス」誌上にて毎回うんこ漫画の連作を掲載しています。現在発売中のvol.63ではスカトロ宗教漫画「糞十図」が載っています。
「ベビーフェイス」は三和出版「お尻倶楽部」と並ぶ日本二大スカトロ雑誌のひとつ。ともにスカトログラビア中心なのですが、「お尻倶楽部」は文章が充実していてかなり読み応えがある本。比べて「ベビーフェイス」はビジュアル中心というイメージがありましたが、編集部の「もう少しグラビア部分を充実させたい」という方針で駕籠の漫画を掲載することとなりました。
これまでうんこが題材の漫画と言えば「輝け!大東亜共栄圏」「アイコ十六歳」などがあり、駕籠と言えばうんこという認識をしている読者の方も多いようですが、以外にも「スカトロ漫画を連載してほしい」との依頼を受けたのは初めてだったりします。
[PR]
by tomezuka | 2005-03-26 14:41 | 駕籠漫画

殺殺草紙シリーズ

d0008799_12173674.jpg
平和出版「美熱Angel」最新号にて、殺殺草紙シリーズ『勢辺戸爺さんと檜男』掲載してます。民話調のかなり泣ける短編となっています。

ところでこの「美熱Angel」ですが、今号で休刊となってしまいました。殺殺草紙シリーズはこの雑誌の前身である「ラブマニ」から継続して連載していたのですが、「美熱~」以降は掲載雑誌のめどがついてません。単行本にまとめるにも若干話数足りないし。となると残りを書き下ろしにするという形しかありません。現実そうなりそうです。
[PR]
by tomezuka | 2005-03-24 12:30 | 駕籠漫画

飛び出す妄想

d0008799_20293910.jpg
駕籠真太郎最新単行本『飛び出す妄想』発売中。定価1500円(税込み)
久保書店全64ページ(カラー32ページ)
B5版(従来の単行本より若干大きいサイズ

当単行本は従来のものと違って図版中心となります。駕籠真太郎がこれまで関わったイベント(うんこ祭など)や展示会のイラスト付解説、自作の立体物写真、単行本未収録のイラスト、コラム文章、実験漫画などなど。通常の漫画作品はほとんどないですが、これまでの単行本とはまたちがった面白さがあるのではないかと思います。
[PR]
by tomezuka | 2005-03-23 20:34 | 駕籠漫画