奇想漫画家・駕籠真太郎ブログ。単行本、イベント、特殊玩具など。視聴した映画のコメントは「映画徒然草」としてまとめています。駕籠真太郎公式HP【印度で乱数】http://www1.odn.ne.jp/~adc52520/
by tomezuka
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
駕籠漫画
駕籠イベント
映画徒然草ホラー編
映画徒然草コメディ編
映画徒然草チェコ編
映画徒然草SF編
映画徒然草特撮編
映画徒然草アニメ編
映画徒然草前衛編
映画徒然草邦画編
映画徒然草ノンジャンル
映画徒然草アジア編
映画徒然草タイ編
映画徒然草香港編
映画徒然草インド編
うんこ
特殊玩具
CD
笑い
活字
ニュース
未分類
以前の記事
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:映画徒然草SF編( 11 )

ミステリーゾーン

『ミステリーゾーン』、言わずと知れた60年代SFアンソロジードラマの名作です。
日本語吹き替え版がニコニコ動画で何話かアップされてたので、描き下ろしやりながら見てました。
未見なの結構多かった。

「日本軍の洞窟」 第二次大戦終盤、洞窟に立てこもった日本兵を馬鹿にしまくってた上官が、突如時空を超え日本軍の兵士になってしまう。 映画版第一話の元ネタともいえる。

「死相」 人の死を事前に察知できる軍人の苦悩。 死を予知できても結局何もできないのだ。

「弱き者の聖夜」 いい話系。 商業主義に走るクリスマスを嘆く老人が本物のサンタになる。

「星のシンデレラ」 謎の力を持ったじいさんは実は宇宙人で何者かに追われているらしい。

「無用の男」 不要とされた人間は処刑されてしまう暗黒の未来、死刑宣告された男は一計を案じ・・・。脚本うまい。

「廃墟」 核戦争でたったひとりだけ生き残った男。ショートショート小説のようなオチ。

「人類に供す」 友好宇宙人の真の目的とは?ややブラックネタ。

「疑惑」 小さな町で突如大規模な停電が起こる。どうやら宇宙人の仕業らしいのだが・・・。アカ狩り時代のイヤな世相をSFで表現。

「審判の夜」 記憶のない客船の乗客の男の正体は? 不気味な一編。

「二万フィートの戦慄」 映画版第四話の元ネタ。 グレムリンの着ぐるみがかわいい。

「火星人は誰だ」 バスの乗客の中にひとり宇宙人が紛れ込んでいるらしいのだが・・・。火星人の正体がいいビジュアル。

「生と死の世界」 核戦争の脅威にさらされている時代、本当に怖いのは人の心だったという話。

「強いぞティングル君」 ギャグ系。火星人の人体実験でスーパーパワーを持ってしまった冴えない男の悲喜劇。火星人の造形が素晴らしすぎる。

「群衆よさらば」 人間嫌いの中年男が一人っきりになりたいがために全人類を精神力で消し去るのだが・・・。『マルコピッチの穴』でマルコピッチだらけになるシーンにそっくりな場面がある。

「ノイズに憑かれた男」 ラジオの電波が時空を超える。

「砂の上の宝」 冷凍睡眠で未来に来た犯罪者たちの末路。

「遠来の客」 一人暮らしの老婆の元に謎の宇宙人が飛来する。これぞミステリーゾーン的どんでん返しの典型。

「過ぎし日」 しょぼくれた人生を送る老俳優の元に死んだはずの妻が現れる。なかなかイイ話。

「縄」 開拓時代の話。異色作。

「長距離電話」 死んだおばあちゃんがあの世から電話をかけてくる。ホラーとしてよく出来てるが、子供の妄想と解釈も可能なところがうまい。

「サイコロ人生」 念力でサイコロを操り賭けで大儲けを企むが・・。

「二つの夜」 過去に時間移動し歴史を変えられるのか?

「因縁も売り物です」 詐欺まがいの商売人が呪いで真実しか言えなくなってしまう。

「暗闇の男」 1時間もの。ナチに憧れる青年の前にナチの亡霊が出現。

「歴史のかきかえ」 1時間もの。歴史を変えようとする男の話。二番煎じなお話。
[PR]
by tomezuka | 2009-11-01 01:06 | 映画徒然草SF編

映画徒然草アメコミヒーロー編

『ゴーストライダー』★★
2007年米、マーク・スティーヴン・ジョンソン監督。
ニコラス・ケイジ扮するスタントマンが悪魔と契約してゴーストライダーに変身!炎に包まれたガイコツというビジュアルは中々に強烈なのだが、いかんせん変身前がしょぼくれ中年ニコラス・ケイジではどうにもしまらない。青年期を演じた俳優とまったく似ていないというのもいかがなものか。

『X-MEN:ファイナル ディシジョン』★★★★
2006年米、ブレット・ラトナー監督。
正義の超能力集団と悪の超能力集団が戦うおなじみのシリーズ第三弾。能力のひとつひとつは大してオリジナリティのないものばかりだが、そいつらが入り乱れてのバトルはすこぶる楽しい。山田風太郎の忍法帖ものを見ているかのようだ。今回はミュータントを通常の人間に戻す新薬が登場し、平穏な日常を求めるミュータントたちが続々治療に訪れる。ミュータント=白人社会におけるマイノリティと解釈すれば、治療を求めるミュータントは人体改造を重ねるマイケル・ジャクソンそのものである。
[PR]
by tomezuka | 2008-01-13 22:28 | 映画徒然草SF編

映画徒然草アメコミヒーロー編

昨年は古い映画ばっかで新らしめのものをほとんど見ておりませんでした。
まあそんなわけで今年はもう少しリアルタイムのものを見ていこうか、と。

『バットマンビギンズ』★★★★
2005年米、クリストファー・ノーラン監督。
といって、のっけからリアルタイムものではないですな。
ダークながらコミック的演出を強調させたティム・バートン版に愛着があったので、とことんリアルな演出にこだわったという本作。正直なところ見るのを躊躇していたのだけどこれはなかなかの当たり。ブルース・ウェインがクライムハンターの道を歩むに至った理由、そしてバットマンのコスプレや各種メカの出自が可能な限り現実に即した形で語られていく。ブレードランナー的な都市演出や終盤の悪夢的展開も良(ただ毒ガスネタがバートン版一作目と被るのが残念)。今年公開予定の同監督による『バットマン・ダークナイト』も期待大。

『スーパーマンリターンズ』★★
2006年米、ブライアン・シンガー監督。
弾丸より強く飛行機より早くブラの中身もバッチリお見通しの万能スーパーマンも、昨今の悩めるヒーロー像ブームにのっとり元カノのロイス・レーンのことでウジウジしてばかり。ラスト、クリプトナイトで衰弱していたせいとはいえあの体たらく、リーヴ版『スーパーマン3』の不良化と同じインパクトの珍展開である。監督以下スタッフはスーパーマンのスーパーな活躍にはあまり興味が無かった模様。まあお話の暗さはともかくとして、CG多様のアクションシーンにいまひとつオリジナリティあふれるアイデアが感じられなかったのは痛い。前半の飛行機救出場面も、迫力と精度の高さはあるものの『1』における飛行機墜落阻止と基本は大して変わらないのだ。『2』での三悪人との荒唐無稽なバトルを最新技術で見てみたい。
[PR]
by tomezuka | 2008-01-08 02:14 | 映画徒然草SF編

スパイダーマン3

『トランスフォーマー』同様、こちらも劇場で見るつもりだったのに、結局DVD。1も2も劇場行ってたというのに。

『スパイダーマン3』★★★
2007年米、サム・ライミ監督。
今回のピーター・パーカーの多忙ぶりは尋常ではない。実質3人の敵と戦う羽目となり、うち1人は親友、1人は叔父殺害の真犯人、1人は同僚ときた。今回発生したもろもろの問題を並べてみると・・・。
・MJとの恋愛のもつれ
・親友ハリーの誤解
・サンドマン襲来
・誤殺したことへの罪悪感
・ヴェノムの寄生
・同僚にヴェノムが寄生し襲ってくる
・相変わらず宙吊り&落下大好きなMJ
・家賃滞納
これだけの問題をたかだか2時間ちょっとでクリアしようってのがそもそも無理な話なのだがそこはアメリカ映画、ちょっとした一言であらビックリ万事解決。このくらいの単純さがなければ、建国200年ちょっとで国民総生産世界一の国にはなれませんね。
[PR]
by tomezuka | 2007-12-29 02:58 | 映画徒然草SF編

トランスフォーマーその2

そんなわけで見ました。

『トランスフォーマー』★★★★
2007年米、マイケル・ベイ監督。
CG、そして実景との合成技術の高さはさんざん言われまくっているのであえて触れないが、それにしてもハリウッドの「ありえないことを具現化させる」という情熱は凄まじいものがある。黄金期のMGMミュージカルみたいなものだ。徹底して男の子向け(小さい男の子もおっきい男の子も)に作られているのも潔い。日本でやったら絶対に女性受けするイケメンを何人かぶち込んでるに決まっている。
随所に挿入される映画的お遊びが楽しい。小型のディセプティコンが西部劇よろしく柱の影で二挺拳銃構えるポーズしたり、生命体化したハンドルがエイリアンのフェイスハガーのごとく顔に張り付いたり。トランスフォーマー同士の格闘戦はまんま香港映画。ミサイルをスローモーションでかわしたりクルクル回転したりはワイヤーアクションだが、プライムが屋根伝いを走りビルの壁面をすべり落ちるあたりはむしろジャッキー・チェンを彷彿とさせる。カラフルに色分けされたオートポットが勢ぞろいするところはほとんど戦隊ヒーローもの。続編では合体して巨大ロボとなって、超巨大ディセプティコンと戦ってほしい。プライムの右手の剣を巨大化させた満月斬りを必殺技で。
[PR]
by tomezuka | 2007-12-24 14:47 | 映画徒然草SF編

映画徒然草

巨大生物系2本。

『大蜥蜴の怪』★
1959年レイ・ケロッグ監督。巨大トカゲの特撮を本物のトカゲをミニチュアに放り出して撮影しているという、低予算モンスターパニックの王道映画。しかし人間との合成が一切ないのでまったく巨大感を演出できてない。ただのトカゲのドキュメンタリー映像にしか見えないんですな。最後にトカゲはニトロで爆発させられるのだけど、あれって本当にトカゲを爆死させてないよなあ。

『人喰いネズミの島』★★★
1959年レイ・ケロッグ監督。とある島で遺伝子実験していたら、モルモットのネズミが犬くらいの大きさに巨大化したうえ脱走、増殖して研究者たちを襲い出すというパニックもの。本物の犬にネズミの着ぐるみを着せただけというチープ特撮が泣けてくるが、研究所に立て籠もってのネズミとの攻防戦はなかなか緊迫感あふれる展開となっている。凶悪な顔つきのネズミの頭部が良く出来ており、こいつが壁の穴からギョロリ覗き込んだりと見せ方も心得ていて感心感心。島からの脱出方法も見た目笑えるけどけっこう理にかなっております。
[PR]
by tomezuka | 2007-10-20 01:09 | 映画徒然草SF編

映画徒然草

レトロムービーコレクションその2。

『宇宙からの侵入者』★★★
1967年英。イギリスのとある田舎町に落下した隕石郡。調査しにきた科学者の一団は次々と謎の宇宙意思に乗っ取られてしまう。ほどなくして突如蔓延する正体不明の病原菌。はたして病原菌と隕石の因果関係は?そして宇宙意思の目的とは?イギリスのジャンルもの、特にホラーはハマープロなど手堅い演出の映画が多いが、本作もありがちな題材ながら実にテンポよいストーリー運びでまったく飽きさせない作り。こういう古典的SFいいなあやっぱ。

『ブラッディナイト 清し血の夜』★★
1972年。かつて主が謎の焼死を遂げた忌まわしき館。その館の相続をめぐって連続殺人が発生する。殺人事件の犯人は?そして館にまつわる因縁とは・・・。過去の回想シーンで登場する白装束の精神病患者の集団脱走&大殺戮が異様な雰囲気をかもし出していてなかなかの見もの。とくに患者集団がわらわら歩いてくるあたりは『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』を髣髴とさせる。

『SOS地球を救え!』★★
1960年イタリア。監督はベトナム症候群系カニバル映画の珍品『地獄の謝肉祭』のアンソニー・ドーソン。とはいっても人喰いシーンもどてっぱら貫通シーンも皆無(当たり前)、地球に壊滅的ダメージを与える宇宙船の軌道を変えるべく奔走する宇宙飛行士たちの活躍を、手に汗握る展開で手堅く見せてくれる。低予算のミニチュア特撮の安っぽさはもはや笑うしかないが。

『地球最終戦争』★★
1961年イタリア。またもやアンソニー・ドーソン監督。巨大隕石を操って地球征服にやってきた宇宙人たちとの攻防戦が展開。若い科学者カップルが主役かと思いきやおっとどっこい真の主役はクロード・レインズ扮するキチガイ科学者だった。ところでこの映画、ところどころ東宝特撮を髣髴とさせる場面が多々出てくる。冒頭で隕石に地球のロケットが吸い寄せられるのは『妖星ゴラス』、ロケットと円盤の戦闘はまんま『宇宙大戦争』だ。もちろん技術的には円谷の1/100程度のものだが。そして圧倒的戦力を有する敵円盤軍への攻撃は「音楽でかく乱させ自滅させる」という、マクロスのリン・ミンメイ方式!
[PR]
by tomezuka | 2007-10-11 04:39 | 映画徒然草SF編

映画徒然草

フォワード・レトロムービーコレクションのラインナップがなかなか壮観。『メトロポリス』『カリガリ博士』などの古典、『地球最後の男』『恐怖の足跡』といった名作ホラーから、『金星怪人ゾンダー』『ロボットモンスター』のようなZ級SFまで。しかも500円~780円という超低価格。この値段ならハズレ引いても怒りは沸かない!

『ロボットモンスター』★
1953年。ゴリラの着ぐるみに潜水服の頭部をくっつけただけの宇宙人に地球が滅ぼされ、残された人類はほんの一握り。ところが侵略の前線に立つ宇宙人が上司の命令を無視して地球人の娘に恋をしてしまった。果たして彼らの運命は!?チープなミニチュアに、突如挿入される謎の怪獣場面(しかも他の映画の借り物)、妙に明るい生き残りのカップル、そして驚愕のラストで大脱力!

『金星怪人ゾンター』★
1966年。ロジャー・コーマンの『金星人地球を征服』のリメイクという時点で大脱力ものだが、オリジナルの軍人のマヌケ会話までほとんど同じというのもいかがなものか。しかもオリジナルの金星ガニを1/100くらいにスケールダウンさせた宇宙人ゾンターのやる気のなさもいかがなものか。

『血のバケツ』★★★
1959年米。B級映画の巨匠ロジャー・コーマン監督脚本。主人公のウェイターは少々頭の弱いさえない男。ある日誤って猫を殺してしまい、何を思ったか死体を粘土で固めて彫刻を作成、これが思わぬ高評価。次に今度は誤って人間を殺してしまい、死体隠蔽も兼ねて粘土で固めて彫刻にしたらさらなる絶賛。名声を失いたくないウェイターはさらに・・・といったブラックユーモア版江戸川乱歩猟奇劇場。早撮り低予算でありながらもそこはロジャー・コーマン、テンポよい演出で65分間を一気に見せる。
[PR]
by tomezuka | 2007-10-10 02:38 | 映画徒然草SF編

映画徒然草・回顧録

ところで自分が東京国際ファンタスティック映画祭に初めて出かけたのが89年の第三回大会。そのときやっていたのが、香港映画4本立てオールナイト。「霊幻道士」などのキョンシーものが日本に輸入され始め、どうやら香港にはカンフーもの以外にも凄いものがあるらしい、みたいなことが言われ始めた頃でした。上映作品はサイキックアクション「復讐は夢からはじまる」、ミステリーオムニバス「香港トワイライトゾーン」、近未来アクション「爆裂戦士」、道術アクション「ミラクルファイター」。特に「復讐は夢からはじまる」の内容がものすごいこととなっていました。

「復讐は夢からはじまる」
主人公の男はある事故で”他人の夢に入り込める”という超能力に目覚めるのだが、ある犯罪に巻き込まれ周囲の人間を次々殺されてしまう。犯罪者に追い詰められた主人公はついに強力念動力に目覚め、犯罪者どもをことごとく皆殺しにしてしまう・・・。この映画、何が凄いかというとその筋立ての脈絡のなさ、全体のテンションの非一貫性。ドタバタコメディ調から始まったかと思ったら、主人公が事故に遭うあたりからサスペンス調に。夢に入り込めるようになってからは女性の夢に入り込んだりしてスケベなことをしたりと大人な雰囲気。途中からホラーっぽい画調となって最後は大スプラッタ大会。ありとあらゆる映画の娯楽要素を約1時間30分の中に詰めこめるだけ詰めこんでしまっているのです。観客はこの映画をどういうテンションで見たらいいのか分らず終始とまどうばかり。悪人のリーダーで最後惨殺されるのが、がすでにブレイクしていたチョウ・ユンファなのも「?」。複数の映画のフィルムを切り刻んでバラバラに放り投げ、適当につなげたら一本の映画ができてしまいましたといった感じ。バロウズが小説で試みた「カットアップ」みたいです。
[PR]
by tomezuka | 2005-10-16 11:40 | 映画徒然草SF編

映画徒然草

「エイリアンvsヴァネッサ・パラディ」
っても本編見てないです。タイトルだけでおなかいっぱいなので。今どきこのタイトルセンスは凄い。明らかに確信犯。
[PR]
by tomezuka | 2005-10-11 06:10 | 映画徒然草SF編