奇想漫画家・駕籠真太郎ブログ。単行本、イベント、特殊玩具など。視聴した映画のコメントは「映画徒然草」としてまとめています。駕籠真太郎公式HP【印度で乱数】http://www1.odn.ne.jp/~adc52520/
by tomezuka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
駕籠漫画
駕籠イベント
映画徒然草ホラー編
映画徒然草コメディ編
映画徒然草チェコ編
映画徒然草SF編
映画徒然草特撮編
映画徒然草アニメ編
映画徒然草前衛編
映画徒然草邦画編
映画徒然草ノンジャンル
映画徒然草アジア編
映画徒然草タイ編
映画徒然草香港編
映画徒然草インド編
うんこ
特殊玩具
CD
笑い
活字
ニュース
未分類
以前の記事
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:活字( 3 )

綾辻行人スプラッタホラー

綾辻行人のスプラッタホラー小説、『殺人鬼』とその続編『殺人鬼Ⅱ』。

館シリーズなどのミステリー小説と違って作者のスプラッタ映画好きがストレートに炸裂した作品。
「人をいかに苦しめて殺すか」という欲望しか持たない正体不明の純粋殺意の持ち主が、山に迷い込んだ人たちを、病院勤務の人たちを、ひたすら殺して殺して殺しまくる。
この殺人鬼、風貌はジェイソンっぽいが、一撃必殺で殺すのではなく、死なない程度に痛めつけて腹を切り裂いて腸を引きずり出して本人に食わせるとか、手足を一本一本切断していくとか殺し方が粘着質でしつこいことこの上ない。

あまりに殺しの場面が多く小説中盤ぐらいでお腹いっぱいになってしまうが、新本格の代表選手である綾辻氏はそれだけでは終わらない。
両作ともに「あるトリック」が施されているのだ。
一作目『殺人鬼』のほうのトリックは「んなアホな」でしたが、比較的まっとうなトリックのニ作目『殺人鬼Ⅱ』よりは一作目のほうが無理矢理な感じで好きです。
[PR]
by tomezuka | 2009-11-13 00:37 | 活字

綾辻行人ミステリー

綾辻行人の代表作であるミステリー小説・館シリーズは一作目の十角館しか読んでなかったのですよね。なのでちょっとまとめて読んでみようかと。
一応ネタバレはしてないつもりですが。

『水車館の殺人』
館シリーズ第二弾。
館シリーズは毎回頓狂な建築家が建てた風変りな館を舞台に発生する殺人事件を描いており、大抵何らかの文章上のトリックが仕掛けられています。 本作も同様。
ただ、著者が後書きで述懐しているように、この手のトリックものに読みなれた人なら容易に仕掛けに気付いてしまう。 自分も2章くらい読んだところで大まかな仕掛けは読めてしまいましたよ。

『迷路館の殺人』
館シリーズ第三弾。
前々作の十角館、前作の水車館に引き続き、今回は迷路館という酔狂な建築物が舞台。
迷路館というのはあるミステリー作家の大家が大金つぎ込んで作った邸宅なわけだが、館内部が迷路でできているといういかにも「殺人事件起こってください」と言わんばかりのキチガイ建築物。 で、当然奇怪な連続殺人が発生する。
今回はなかなか凝った構成になっていて面白い。 まあちょっとネタ明かしは無理矢理な感じもありましたがね。
[PR]
by tomezuka | 2009-11-12 21:00 | 活字

なぜ人はエイリアンに誘拐されたと思うのか

d0008799_20331161.jpg


昨年の後半は映画ばっか見ていたので、今年はもう少し活字本を読もうと思っております。

『なぜ人はエイリアンに誘拐されたと思うのか』
スーザン・A・クランシー著

宇宙人に連れ去られ人体実験や性的接触をされるといういわゆるアブダクション。このアブダクションの被害にあったと証言する人々は、何故この科学的にあり得ない体験を記憶しているのか?ということを、多くのアブダクション体験者に接しつつ解き明かしていくもの。

もともとオカルト懐疑論的な本や情報はよく読んでいたので、「記憶は案外頼りない」「催眠で思い出した記憶は催眠術師によって捏造された可能性が高い」「宇宙人誘拐を扱った映画の公開以前にはアブダクション被害は報告されていない」等々おなじみの論調が多かったので、正直さほど斬新な印象は受けなかったのだけど、テーマを一点に絞っているので読み応えのある一冊ではあります。
[PR]
by tomezuka | 2008-01-19 20:39 | 活字