奇想漫画家・駕籠真太郎ブログ。単行本、イベント、特殊玩具など。視聴した映画のコメントは「映画徒然草」としてまとめています。駕籠真太郎公式HP【印度で乱数】http://www1.odn.ne.jp/~adc52520/
by tomezuka
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
駕籠漫画
駕籠イベント
映画徒然草ホラー編
映画徒然草コメディ編
映画徒然草チェコ編
映画徒然草SF編
映画徒然草特撮編
映画徒然草アニメ編
映画徒然草前衛編
映画徒然草邦画編
映画徒然草ノンジャンル
映画徒然草アジア編
映画徒然草タイ編
映画徒然草香港編
映画徒然草インド編
うんこ
特殊玩具
CD
笑い
活字
ニュース
未分類
以前の記事
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:映画徒然草タイ編( 14 )

映画徒然草チャイヨー編

特撮、特にウルトラシリーズファンには『ウルトラ6兄弟vs怪獣軍団』(ハヌマーンが出てくるやつ)が有名な、タイの映画プロダクション・チャイヨー。このチャイヨー・プロ製作の映画をこのたびまとめて視聴。すべてタイ国内VCDで言語はすべてタイ語、日本語字幕はおろか英語字幕すらないので、何を言っているのかさっぱり分かりません!

『ターティエン』★
1973年タイ。
ヘビの卵から誕生した美女が、人間と同じ大きさのカエル(なぜこんな奴が存在しているか不明)と同化、田舎の村のおじさんと仲良く暮らすようになる。その後の展開はストーリーはあってないようなもので、水浴び全裸女性をのぞき見る痴漢がゴリラに襲われたり、探検隊(?)がロストワールドに迷い込んだり、等身大の着ぐるみ怪獣がウルトラファイト並の戦いを繰り広げたりと、その場で思いついたものを適当に撮影したとしか思えないエピソードがひたすら続く。ラストは寺院を守る鬼神2体が巨大化し街中でバトルを展開。しょぼい特撮ながら、一応最大の見せ場となっている。
d0008799_18415864.jpg


『キンガー・ガイヤシ』★★★
1985年タイ。
寺院の地下のにある宝物を守っているエリマキトカゲ(え?何だそりゃ)が、動物と戯れたりワニと闘ったりおっさん3人組とスタンド・バイ・ミーもどきをしたりするお話。冒頭で宝物が宇宙人に強奪され、それを鬼神が取り返すというエピソードはあるものの、エリマキトカゲはほとんどからんでこない。『ターティエン』同様ストーリーはあってないようなものなのだが、エリマキトカゲのドタバタを眺めているうちに「ひょっとしてこれは面白いのではないか」という錯覚にとらわれてくる。何か、ドラッグのような映画である。ちなみにエリマキトカゲは等身大の着ぐるみ。こいつが人間の役者と普通に芝居している姿はこの上なくシュール。
d0008799_1840103.jpg


『ヨー・マヌ・コンピューター』★★
1977年タイ。
落雷があった夜、4人の奇形人間が誕生する。シッポの生えた子供、両てのひらが巨大な子供、両耳が巨大で伸縮自在な子供、鼻汁が強力接着剤になっている子供。4人は立派な若者に成長、特殊能力を活かして魚を獲ったりしていたのだが、そのうちの一人シッポ人間が女の子にシッポを切られてしまい絶命。それをマッドサイエンティストが助け、彼をスーパーパワーのサイボーグに(勝手に)改造してしまう。そのころ彼らの村は盗賊団に占拠され、村人が蹂躙されていた。サイボーグは村人を助けるため立ち上がる!
d0008799_18403728.jpg
[PR]
by tomezuka | 2008-05-16 13:50 | 映画徒然草タイ編

映画徒然草タイホラー

トムヤンクンの国・タイのホラー映画。

『シスターズ』★★
2004年タイ、ティワ・モエイサンソン監督。
売春婦が惨殺されたホテルの部屋に宿泊した若者たちが、売春婦の霊にしつこく付きまとわれ次々命を失うオカルトホラー。
こちらも出てくるのはやっぱり『呪怨』の伽耶子ばりの這いずり女幽霊。さらには俊雄くんもどきの子供霊までおまけについてくる。女幽霊ビジュアルはまあそこそこ怖いのだが、子供のほうが白塗りの体に赤パン。なぜ白パンじゃない?タイでは赤パンのほうが主流なの?赤パンで怖がれったって無理な話だよなあ。

『hospital ホスピタル』★
2004年タイ、シワウット・ワッサン・ヌアン監督。
美人女医が失恋し、その痛手から立ち直るため別病院に転勤する。心機一転頑張ろうと思った矢先、彼女の周辺に謎の少年が立ち現れる。どうやら少年は彼女にしか見えないらしい。ひょっとしたら幽霊・・・?
何というか、ちょっといい話系のオカルトを撮ろうと思ったのだろうか、まったく怖くはない。まあオカルトが必ずしも恐怖でなくていいとは思うのだが、それより問題なのがやたらと回想シーンが出てくること。一度流れた映像が、「あの時はああだった」「あの時こうしておけば」みたいな感じで何度も使いまわされ、約1時間半の上映時間中1/3が回想で水増しされているのだ。この上げ底ぶりは尋常ではないよ、まったく。DVD早回ししちゃったじゃないか。

『パラサイトデビル』★★
2001年タイ、ヒアマーン・チェタミー監督。
「肝臓喰らいのボブ」なる悪霊(?)を封じ込めておいた壺を割ってしまい、解放されたボブが女子学生のひとりにとりついてしまう。とりつかれた女子学生は男を誘惑してはベッドに連れ込み、尻に手を突っ込んでは肝臓を抜き取る世にも恐ろしいカマ掘りキラーと化してしまう。
一応、コメディホラーである。なのにどうしたわけかまったく笑えない。これはどうしたことか。演出や撮影などは標準なレベルだと思うのだけど、学生たちのドタバタ劇や映画のパロディが空回りするばかりでクスリともできない。あまりの笑えなさぶりに何故か自己嫌悪に陥ってしまった。
[PR]
by tomezuka | 2008-05-16 00:58 | 映画徒然草タイ編

映画徒然草パン・ブラザース強化月間

『the EYE 3』★★★
2005年香港タイ、パン・ブラザース監督。
『the ETE』シリーズの三作目で今回は何故かコメディタッチ。オープニングもポップな青春映画調である。タイの怪しげな書店で見つけた「幽霊を見る10の方法」を実践して霊体験を試みる若者たちが危険な霊の世界に足を踏み入れていく。前2作のパターンを踏襲していろんなパターンの幽霊総出演だが、幽霊出現でゾッとさせつつ次の瞬間ゆるいギャグで腰砕けさせる。幽霊にとり憑かれ、動きが貞子みたくギクシャクなったのをストリートダンサーがテクノダンスを踊ってると勘違い、ダンスバトルに突入するとか。

『リサイクル-死界-』★★★★
2006年香港タイ、パン・ブラザース監督。
大人気女流作家がふとしたことで迷い込んだ廃墟のような世界。そこは現実世界で捨てられたものが蓄積する異空間であった。女流作家は現実に戻るため、謎の老人の助言に従って出口探し求める。一種の地獄巡りものだが、「捨てられたもの」であればモノでも人間でも想像上のものでも何でも集まってきてしまう世界というのが面白い。この異空間のビジュアルが最大の見せ場。ブリキ玩具のような子供のおもちゃが大量蓄積している広場、堕胎させられた水子が苦痛にうごめく子宮内的トンネル、埋葬されたまま誰もお参りに来ず忘れ去られた死者たちがたそがれる墓地、等々。廃墟マンションの狭い広場にこれまた廃墟化した遊園地のアトラクションがひしめいているところなど廃墟マニア垂涎である。
[PR]
by tomezuka | 2008-05-06 13:14 | 映画徒然草タイ編

映画徒然草アジアンホラー編

タイ製ホラーの新しめのもの。

『アート・オブ・デビル』★★★
2005年タイ、サニット・ジトヌクル監督。
妻子ある男性とねんごろになり妊娠した女性。責任とってと詰め寄っても男性としては当然単なる遊びなので金を渡されはいサヨナラ。でもお互い遊びと分かってるのに何で大金やらにゃいかかんのだと、見当違いな腹いせに男性は友人数人で女性をレイプさせます。コノウラミハラサデオクモノカ、女性は知り合いの呪術師に頼んで男性一家を呪いで皆殺し。ついでに子供孕んでるのをいいことに男性の遺産総取りしようと思ったら、男性の前妻とその一家が遺産の権利を主張してしゃしゃり出てきた。毒を食らわば皿までとばかり、女性は前妻一家皆殺しを図るのでした。
アジアンテイストな呪殺儀式がなかなかおどろおどろしくてよい感じ。子供のミイラとか使ったり。呪いによる殺害方法も強烈で、全身から鮮血とともにウナギが大量に噴出したり、口から無数のカミソリが吐き出されたり。陰鬱な雰囲気を楽しみたいならもってこいの映画。
[PR]
by tomezuka | 2008-05-02 01:36 | 映画徒然草タイ編