奇想漫画家・駕籠真太郎ブログ。単行本、イベント、特殊玩具など。視聴した映画のコメントは「映画徒然草」としてまとめています。駕籠真太郎公式HP【印度で乱数】http://www1.odn.ne.jp/~adc52520/
by tomezuka
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
駕籠漫画
駕籠イベント
映画徒然草ホラー編
映画徒然草コメディ編
映画徒然草チェコ編
映画徒然草SF編
映画徒然草特撮編
映画徒然草アニメ編
映画徒然草前衛編
映画徒然草邦画編
映画徒然草ノンジャンル
映画徒然草アジア編
映画徒然草タイ編
映画徒然草香港編
映画徒然草インド編
うんこ
特殊玩具
CD
笑い
活字
ニュース
未分類
以前の記事
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

通販受付

コミケにて販売したもの、通販いたします!
以下のアドレスにて受付しますのでよろしくお願いします。

新刊「印度で乱数・お蔵出し」500円
通販受付ページ

DVD「駅前花嫁」1000円
通販受付ページ

通販受付総合ページ

d0008799_14282031.jpg


d0008799_14264140.jpg
[PR]
by tomezuka | 2005-12-31 14:32 | 駕籠漫画

コミケ オ-22a

いよいよ明日、というか明けて本日コミケです。
駕籠本人はほぼ一日中おります。
よろしくお願いします!!

販売目録
「印度で乱数」新刊
「印度で乱数」バックナンバー
「世界がもし100個のうんこだったら」
「月刊モモトリス」(駕籠参加同人誌)
DVD「駅前花嫁」
おもちゃ「必勝だるま」
おもちゃ「猟奇残酷シリーズ・強姦切断死体」
おもちゃ「猟奇残酷シリーズ・女囚股裂きの刑」

[PR]
by tomezuka | 2005-12-30 01:41 | 駕籠イベント

新作自主短編撮影

「駅前切断」「駅前花嫁」に続く第三弾の短編映画を先日撮影してきました。初日は知人の自宅を借り切って。二日目は都電荒川線の車両内で。電車の中のシーンというのがあり当初は完全ゲリラ撮影を想定していたのですが、荒川線がレンタルをしているとのことで急遽貸し切りました。貸し切りとはいっても約1時間、料金も14000円程度とかなりリーズナブル。6分間隔で走る通常運行の電車の合間に貸し切り車両が走るといった按配です。10人前後のエキストラ参加者共々、無事撮影完了いたしました。

まだ編集作業の真っ最中ですが、上映時間は10分~15分くらい。原作は駕籠の漫画「パラノイアストリート」三巻の最終話を元に構成しています(ただし探偵や助手といったメンバーは一切登場しません!)。完成したのちには、江古田Flying Teapot にて上映いたします。日時は来年2月5日(日)の5時くらいから。

タイトル 『置き手紙』
出演 さとう樹菜子、ほか
監督 駕籠真太郎
撮影 ウズマキマキオ
[PR]
by tomezuka | 2005-12-21 13:13

映画徒然草・番外編(アニメ)

普段アニメはあまり見ないのですが、久々に大ハマリです。スカパー再放送を途中から見始め、さらにはDVDで過去の話を一通りおさらいしてしまいました。

「創聖のアクエリオン」
3機のマシンが3パターンに合体するというゲッターロボ方式のロボットものですが基本は学園もの。Aパートに主人公たちの修行があり、Bパートの敵との戦闘でその修行の成果が発揮されるというのはスポコンもののパターン。メインの少年少女も、子供のような野生児、わがままな姫様、プライドの高い美少年、スポーツバカで女好き、ドジッコ眼鏡娘、暗い影をもつお姉さま、機械オタクの少年と、学園コメディのパターンを踏襲しています。

それにしてもロボットの戦闘シーンはもろCGなのですが、日本のセルアニメの伝統的な動きとCGとのシンクロ技術(というか演出?)が向上したのか、はたまた自分がCGに慣れてきたのか。まるで違和感無く見れるようになってました。アクエリオンの重厚かつスピーディな動きと不気味な敵ケルビム兵との戦いが見ていて実に気持ちいいです。月面まで届く無限パンチ、ジェットジャガーよろしく巨大化、夢の中に入り込むなどトンデモな展開テンコ盛りなのもよし!
[PR]
by tomezuka | 2005-12-11 03:22 | 映画徒然草アニメ編

映画徒然草

最近あまり映画を見れてなかったです。

「乱歩地獄」
江戸川乱歩の小説を4人の監督が映像化したオムニバス。

第一話・火星の運河
いやまあ。どうなんでしょこれ。

第二話・鏡地獄
原作は鏡マニアのオタクっぷりを描いたものでしたが、さすがにそのまま物語にするのはきついと思ったのかほとんどオリジナルの話になっています。相変わらずの実相寺映像。そして寺田 農。しかし・・・このトリックって・・・、怪奇大作戦「呪いの壺」じゃん!!

第三話・芋虫
乱歩小説の中でもひときわ倒錯度が高い有名な一編ですが。それを同じく倒錯のピンク映画を量産していた佐藤寿保が監督。脚本を、佐藤監督の長年のパートナー夢野史郎が担当していますが、今回は別の人の脚本のほうがよかった気がします。ピンク映画的な安っぽい感じが悪くでてしまっているような。でもって浅野忠信の強引な登場。

第四話。蟲
よくある話っちゃそれまでですが。4本の中では一番見れる話となっています。これが初監督の漫画家カネコアツシ、よい仕事してます。同業者として嫉妬しちゃう。妄想シーンのセットとか極彩色カラーとか。
[PR]
by tomezuka | 2005-12-11 03:04 | 映画徒然草邦画編