「ほっ」と。キャンペーン

奇想漫画家・駕籠真太郎ブログ。単行本、イベント、特殊玩具など。視聴した映画のコメントは「映画徒然草」としてまとめています。駕籠真太郎公式HP【印度で乱数】http://www1.odn.ne.jp/~adc52520/
by tomezuka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
駕籠漫画
駕籠イベント
映画徒然草ホラー編
映画徒然草コメディ編
映画徒然草チェコ編
映画徒然草SF編
映画徒然草特撮編
映画徒然草アニメ編
映画徒然草前衛編
映画徒然草邦画編
映画徒然草ノンジャンル
映画徒然草アジア編
映画徒然草タイ編
映画徒然草香港編
映画徒然草インド編
うんこ
特殊玩具
CD
笑い
活字
ニュース
未分類
以前の記事
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

特撮徒然草

間もなく放送開始です。

「轟轟戦隊ボウケンジャー」

ネーミングがアレだとかまあいろいろありますがそんなことは差し置いて、
「ガテン系のマシンのミニチュア特撮」
ええ、もう、これに尽きます。
はたらくくるま大活躍といえば「激走戦隊カーレンジャー」のVRVマシン初登場の回や「救急戦隊ゴーゴーⅤ」の第一話。
このふたつは某特撮板でも時折話題にあがるほど特撮オタクの間では語り草となっています。
今回はモロ、メカのテーマがはたらくくるま。
そりゃ期待しないほうが無理ってもんです。
何より日本の特撮はやっぱりミニチュアに限ります。
CGなんぞクソ食らえ、やっぱピアノ線で吊らなきゃいかんです。
あれぞ職人芸。
戦隊シリーズは今でこそCGを多用するようになってしまいましたがそれでも要所要所でいまだミニチュア特撮を使用しています。
日本の伝統芸を守っていくためにも戦隊シリーズは存続し続けなければなりません。
[PR]
by tomezuka | 2006-01-30 08:51

特撮徒然草

仮面ライダー35周年らしいですね。

仮面ライダーカブト

とはいいつつ、完全新生をうたった響鬼に比べると設定や描写に新鮮味に欠けます。ハイスピードアクションは555のアクセルフォームと大して変わらないし、ワームのデザインもなんだか野暮ったい。主人公のキャラ設定も「?」だし。かっこよさはなかったけど響鬼の太鼓叩きくらいの意外性欲しいところ。新機軸としてはライダー側に戦闘員がいるということでしょうか。あと映像が段違いに綺麗になってますね。大分フィルムの質感に近づいています。響鬼は途中から見るのが義務的になってしまいましたが、そうはなって欲しくないものです。
[PR]
by tomezuka | 2006-01-30 08:49

特撮徒然草

これで一週間で放映される特撮ヒーローものは5本ですか。すごい世の中になりました。

「魔弾戦記リュウケンドー」

しょっぱなから舞台を「あけぼの町」という架空の町に限定してしまってるのがすごいですね。敵の攻撃対象も日本とか世界とかじゃなくあくまで「あけぼの町」。あけぼの町の商店街などとことん描写が庶民的です。1、2話はプロモーションの意味もあって金のかかった映像となっていますが今後はだんだんしょぼい映像となっていくことでしょう。むしろしょぼくなってからこそ、この番組のよさが出てくるような気がします。ご町内感覚ヒーローて感じで。ちなみに顔出し幹部のDr.ウォームのしょぼくれ爺さんな雰囲気がいい味してます。
[PR]
by tomezuka | 2006-01-30 08:47

ぎんぎんブラブラ

銀座のヴァニラ画廊にて、駕籠真太郎の個展が開催されます。

 開催期間:4月24日(月)~5月6日(土)

 開催場所:銀座・ヴァニラ画廊

 開場時間:平日12:00~19:00
         土祝12:00~17;00
         日曜休廊

 入場料:500円

いままでグループ展に参加というのはありましたが個展は初めてだったりします。漫画家の展示というと原画展が通常ですがそれではありきたりなのでちょっと違うことをやります(原画の展示販売もおこないます)。その他、駕籠監督の映画作品上映やパーティなどもおこないます。仔細が決定したら順次お知らせしていきますので、よろしくおいでくださいませ!
[PR]
by tomezuka | 2006-01-25 23:09 | 駕籠イベント

コミティア情報

2月19日(日)、東京ビックサイトのコミティア出展いたします。

スペース:O 10a
サークル名:印度で乱数
販売物予定:同人誌「世界がもし100個のうんこだったら」
        同人誌「印度で乱数・お蔵出し」(冬コミで出した新刊)
        DVD「駅前花嫁」


よろしくお願いします!

絶賛通販中。
「世界がもし100個のうんこだったら」
「印度で乱数・お蔵出し」
「DVD駅前花嫁」
「強姦切断死体」
「女囚股裂きの刑」
[PR]
by tomezuka | 2006-01-19 04:23 | 駕籠漫画

映画徒然草

スカパーでやっていたので久々見てみました。ピータージャクソンの新作も公開中だし。

「キングコング対ゴジラ」
シリーズ3作目の当作は、唯一コメディタッチで演出されています。前2作がSFサスペンスとして撮られていたのに3本目にして喜劇とはかなり思い切ったものです。で、何かと馬鹿にされる「怪獣プロレス路線」の走りでもあります。実際、ゴジラとキングコングとの戦いは明らかにプロレスの試合を意識しています。両腕を交差させてカッポンカッポンいわせたり、頭を打ってクラクラしたり。ひょっとしたらコメディタッチということなので、怪獣同士の戦いもあえてコミカルに演出したのかもしれません。とはいってもそこは邦画を代表するドル箱シリーズ、円谷英二の特撮は相変わらず見事だし、エキストラの多さ等制作費も大作レベル。東宝がいかに力を入れていたかがわかります。

キングコング対ゴジラキングコング対ゴジラ高島忠夫 藤木悠 有島一郎

おすすめ平均
stars楽しい“企画物”ですから
stars痛快!
stars傑作、そして哀しみの作品
starsテンポのよい傑作ゴジラ映画です!!
stars昭和レトロ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[PR]
by tomezuka | 2006-01-08 23:58

第一回うんこ映画祭作品募集・告知ふたたび

新年に入っても作品はまだまだ募集中ですよ!

2006年4月、第一回「うんこ映画祭」を開催いたします。イベント開催にあたり、「うんこ」「排泄」テーマのショート映像作品を募集します。プロアマ制限ありません。基本的に集まった作品はすべて上映します(ただし作品数によっては会場、上映日を分けます)。映画祭最後には作品賞などの選考を行う予定です。前代未聞の映画祭に参加してみませんか?!

■主催■
駕籠真太郎(うんこ漫画家)

■テーマ・内容■
「うんこ」「排泄」
テーマに沿っていれば内容は何でもOK。「うんこ」「排泄」の表現を自在に拡大してください。
ギャグ、ホラー、アクション、二次元アニメ、立体アニメ、人形劇、特撮、CG、ドキュメンタリー、西部劇、時代劇、教育もの、韓流、感動ものなどなんでもあり。
新作でなくてもよいです。
※ただしモロ性器描写、モロ肛門描写はNG。あと明らかに犯罪行為と分る映像(盗撮とか)はこちらの判断で上映対象外とさせていただきます。

■作品時間■
10分以内(10分以内であれば10秒程度の一発ネタでもOK)

■媒体■
ビデオカメラで撮影編集されたもの。
メディアは原則として一般DVDプレイヤーで再生可能のDVD。
※かならずバックアップはお手元に保存しておいてください!

■上映会場・日程■
メイン上映会場(2006年4月7日)・新宿ロフトプラスワン
凱旋上映会場(仔細日程は未定)・江古田Flying Teapot

■締め切り■
2006年3月24日(金)必着

■郵送先■
東京都渋谷区道玄坂1-15-3
プリメーラ道玄坂407-273
駕籠真太郎宛

■その他■
作品には「作者名」「タイトル」「作品時間」「作者の連絡先」を明記したものを同封してください。DVDのケースに書いていただいてもよいです。

参加ご希望の方はひとまずHP経由でメールください!具体的な内容が決定している場合はその旨も(必須ではないです。実際制作した内容が違っていても構いません)。これはあくまで参加作品数の確認のためであって、このメールによる選考はありません。ご質問などもこちらのメールでお気軽にお寄せください。事前にメールによるお知らせがなくとも、締め切り内に作品が到着すれば受け付けます。

印度で乱数告知ページ
[PR]
by tomezuka | 2006-01-08 17:26

映画徒然草

今年初の劇場鑑賞作でした。

「輪廻」
「呪怨」シリーズの清水崇監督最新作。去年レンタルで見た「稀人」が従来の路線とは違ったとこを狙ったせいかちょっとイマイチでしたが、今回は純粋にホラーしててよいです。恐怖シーンはいつもの通りではありますが、ストーリーはけっこう作りこんでいたと思います。それにしても清水監督はハタ迷惑なものがお好みのようです。「呪怨」の呪いも通り魔的にハタ迷惑なものでしたが、今回の場合は「前世の因縁」。登場人物たちはおのれにはまるで無関係な「前世の因縁」によって振り回されます。たまったもんじゃないですよ。



テレビでやってましたね。

「忍者ハットリくん」
香取慎吾の実写版です。子供向け映画として非常に真面目に作っていますね。この映画が公開されていた時期は「キューティハニー」「キャシャーン」「デビルマン」とアニメ原作の実写化が多かったですが、オタク受けを狙うでなく、映像美に凝るでもなく、純粋にジュブナイルものしていました。その分、大人が見ても特にツッコミどころもない人畜無害な出来になってしまっています。原作&アニメでのハットリくんは忍術の腕前もさることながら人格的にも完璧なキャラクターでしたが、香取慎吾版ではハットリくんの人間的な成長が描かれております。ついでにケンイチ氏の成長も。ガレッジセール・ゴリ演じるケムマキくんがちょっと不気味な感じだったのがよかったです。
[PR]
by tomezuka | 2006-01-08 17:22 | 映画徒然草邦画編

新年

明けましておめでとうございます。

て、大分遅いですね。
すいません。
今年もうんこに死体によろしくお願いします。
[PR]
by tomezuka | 2006-01-08 16:59 | 駕籠漫画