奇想漫画家・駕籠真太郎ブログ。単行本、イベント、特殊玩具など。視聴した映画のコメントは「映画徒然草」としてまとめています。駕籠真太郎公式HP【印度で乱数】http://www1.odn.ne.jp/~adc52520/
by tomezuka
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
駕籠漫画
駕籠イベント
映画徒然草ホラー編
映画徒然草コメディ編
映画徒然草チェコ編
映画徒然草SF編
映画徒然草特撮編
映画徒然草アニメ編
映画徒然草前衛編
映画徒然草邦画編
映画徒然草ノンジャンル
映画徒然草アジア編
映画徒然草タイ編
映画徒然草香港編
映画徒然草インド編
うんこ
特殊玩具
CD
笑い
活字
ニュース
未分類
以前の記事
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

本日のうんこ5

薬局に貼ってある広告ですね。

d0008799_552643.jpg
[PR]
by tomezuka | 2006-07-29 05:05 | うんこ

今後の予定

駕籠真太郎の今後の予定をひとまとめです。

・8月5日16時~ タコシェでサイン会+駕籠物産展
・8月13日 コミケ(ただし駕籠個人ではとれなかったので委託です。場所は【西ほ25b】。チケット未入手ゆえ一般入場の可能性大なので、駕籠自身は昼以降出陣となってしまいます)
・8月27日 コミティア 【た22a】
・秋以降その1 単行本発売(またかい!ええ、またなんです。仔細はのちほど) 
・秋以降その2 不衛生博覧会番外編(何と京都です!サイン会、トークショーの予定あり
[PR]
by tomezuka | 2006-07-29 05:04 | 駕籠イベント

単行本発売中

「殺殺草紙・大江戸無残十三苦」、ぼちぼち書店に並び始めていると思われます。
サブタイトル「大江戸無残十三苦」が小さいのでひょっとしたら目立たないかもしれませんが、以前出た「殺殺草紙」の再販ではなく”れっきとした新刊”なのでお間違いなきよう。
よろしくお願いします。d0008799_2229540.jpg


d0008799_2229242.jpg
[PR]
by tomezuka | 2006-07-27 22:35 | 駕籠漫画

いよいよ単行本新刊

明日26日、早いところだと新刊『殺殺草紙・大江戸無残十三苦』が並んだりします。神保町の本屋とか。(あ、確認してないので絶対とはいえませんが)
だいたいの本屋さんは27日か28日となります。
早めにお求めになりたい方は、念のため書店にお問い合わせくださいませ。
よろしくお願いします!

念のため今一度サイン会情報を↓

■会場・タコシェ
東京都中野区中野5-52-15
JR・地下鉄東西線or中野駅より徒歩4分・中野ブロードウェイ3F(tel 03(5343)3010)

■日時・8月5日(土)午後4時

サイン会に、男はちょんまげ鬘(ヅラ)、女は和服(浴衣可)で参加の方には、特典あり! 黄金週間に銀座ヴァニラ画廊で展示された特殊立体の一部も展示!サイン会にあわせ駕籠製作特殊グッズ物産展も開催!

d0008799_1225380.jpg


d0008799_12155077.jpg
[PR]
by tomezuka | 2006-07-25 12:04 | 駕籠漫画

映画徒然草

和製ホラー『仄暗い水の底から』の米製リメイク。

『ダークウォーター』
珍しくリメイク版であるこちらのほうが出来が良い。オリジナルはマンション描写が白黒を強調した陰鬱な感じだったがこちらはブラウンの色調で統一されていてとても美しい。また少女の亡霊に対する恐怖より、母親の精神的な不安やイライラのほうに重点が置かれ、「かつて親に冷たくされトラウマを抱えた女性が母親として自立できるか」という点がポイントとなっている。オリジナルは、ラストのあのへんがちょっとどうなのよ、で不満たらたらだったがリメイク版はかなりうまく処理されていると思う。派手なCGとか使わずじっくりジメジメしたところや、亡霊出現もドロドロ特殊メイク無かったりカット編集で見せたりと高感度は大きい。まあ天井のシミとか水の描写などオリジナルと大差ないし、ストーリーもほとんど同一なので怖さははっきり言って皆無なのだけど、オリジナルを見ていない人にはこちらがおススメ。
[PR]
by tomezuka | 2006-07-24 15:51 | 映画徒然草ホラー編

映画徒然草

『悪魔の棲む家』(リメイク版)
引っ越してきた一家が家にとりつく悪霊に悩まされる過程が、家族内の不調和とともに描かれる。オリジナル作品と違い、「シャイニング」よろしく父親が悪霊に取り込まれ家族を危機に陥れていく。斧使ってるしね。カット数が多く実にせわしない。幽霊の出現方法も、「いつの間にか背後にいる」「カメラ手前を横切る」「カメラがパンしたらそこにいる」といった新鮮味のないものばかりなのだが、その分映画冒頭からやたらバンバン出まくる。まあだからといって怖くはないのだけど。少女の亡霊はゴスロリ好きにはたまらないビジュアルかも。特にこれといったところのない映画。
[PR]
by tomezuka | 2006-07-23 21:48 | 映画徒然草ホラー編

本日のうんこ4

ガチャポンにて購入。「THE 超~うんち棒」
全9種のうちのひとつ。

d0008799_2028029.jpg


d0008799_20281142.jpg
[PR]
by tomezuka | 2006-07-22 20:29 | うんこ

映画徒然草

劇場版長編アニメ。最近はテレビシリーズの劇場バージョンばかりなので、こういった劇場オリジナルももっとやってほしいですね。

「どうぶつ宝島」
スチーブンソンの「宝島」を原案に、主人公キャラ以外は動物といういかにも子供向けアニメではあるけど、原画およびアイデア提供に宮崎駿が参加しているせいか、後々の宮崎アニメによく見られるシチュエーション、演出、アクションが続出。 主人公の少年とヒロインがもろコナンとラナ(あるいはパズーとシータ)だったり、嵐で船が難破したあと宝島にたどり着くくだりがまんま「ラピュタ」だったり、水が抜けて宝が出現するのがカリオストロのラストだったりとか。 それ以外でも、狭い場所での剣戟、上下の空間を使ったアクションなどどれも素晴らしい出来。

「長靴をはいた猫」
東映動画劇場用アニメの代表選手。中原弓彦がギャグ担当しているせいか、笑いの入るテンポが絶妙。気弱な少年ピエールと友達になった猫のぺロが、ピエールとお姫様を結婚させるため活躍する内容ではあるが、前半はどうみてもぺロがピエールの意志を無視して突っ走ってる印象。後半になると、ようやくピエールが自らの意志で行動を開始し、無事お姫様と結ばれる。古城を舞台とした「高さ」を表現したアクションの数々は見事。ペロを負う3匹の猫が「おじゃる丸」の小鬼トリオみたい。

「長靴をはいた猫 80日間世界一周」
シリーズの3作目。ペロが富豪と賭けをして世界を80日かけて旅する。一作目に比べると画面構成などに映画的な広がりがないのが残念。あとセル画枚数も明らかに激減。上映時間も短いし、製作期間、資金が少なかった模様。

「太陽の王子ホルスの大冒険」
タイトルがあまりに伝説化しすぎていて今まで未見であった。公開当時評判がよくなかったらしいが、まあそれも納得。ホルスの胸のすくよな大活躍が展開するのかと思いきや、中盤からはほとんどヒルダがメインとなり、アクションよりも陰湿な策略や内面描写が画面を占めるようになってしまうのだから。

「魔犬ライナー0011変身せよ」
サイボーグ化された4匹の犬と少年が侵略宇宙人と戦うSFアクション。サイボーグ犬が流線系ロケットに変形したり、敵ロボットが昆虫型だったりとタツノコアニメ風(笹川ひろし原案だから?)。冒頭では敵ロボの内面図解が少年マガジンのグラビア風に解説されたりとなかなか楽しい。細かいメカ描写がリアルなのは関心。それにしても、重症負った子犬をサイボーグ化するのはまあいいとして、ビーム砲とか火炎放射器とか装備させてしまう博士って・・・。趣味で破壊兵器作っていいんでしょうか。
[PR]
by tomezuka | 2006-07-10 22:15 | 映画徒然草アニメ編

アタラクシア

eBook japanにて「六識転想アタラクシア」発売中!
[PR]
by tomezuka | 2006-07-08 06:26 | 駕籠漫画

映画徒然草

このシリーズはBS放映時ではなくすべてソフト化してから見ておりました。今回で全99話完走です。

『怪談新耳袋』最終夜1、2
5分の怪奇ショートショート。全編通してハイクオリティの作品が多い。最終夜1,2に収録されているものは99話中の78話以降のものがほとんど。このシリーズは基本的に一話一話が独立した登場人物で作られているのだが、78話以降は一部を除き、父・嶋田久作、長女・星野晶子、次女・桐谷美鈴、三女・小池里奈の一家が遭遇するエピソードとなっている。話によってメインとなる人物が違ったり、エピソードもそれぞれでちゃんと完結してはいるのだけど。それにしてもこうも連続して怪異に見舞われる一家というのも実に不幸である。嶋田久作は『帝都物語』の加藤保憲役でデビューして以来、ゴツイ容姿もあってしばらく悪役イメージだったのだが、いつの間にやら”ちょっと情けない親父”役が妙に板についてしまった。今作でも、爺さんの霊に愛撫されたり娘に煙たがられたりと情けなさ爆発である。
[PR]
by tomezuka | 2006-07-07 22:08 | 映画徒然草ホラー編