「ほっ」と。キャンペーン

奇想漫画家・駕籠真太郎ブログ。単行本、イベント、特殊玩具など。視聴した映画のコメントは「映画徒然草」としてまとめています。駕籠真太郎公式HP【印度で乱数】http://www1.odn.ne.jp/~adc52520/
by tomezuka
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
駕籠漫画
駕籠イベント
映画徒然草ホラー編
映画徒然草コメディ編
映画徒然草チェコ編
映画徒然草SF編
映画徒然草特撮編
映画徒然草アニメ編
映画徒然草前衛編
映画徒然草邦画編
映画徒然草ノンジャンル
映画徒然草アジア編
映画徒然草タイ編
映画徒然草香港編
映画徒然草インド編
うんこ
特殊玩具
CD
笑い
活字
ニュース
未分類
以前の記事
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

映画徒然草

レンタルで見たホラー系など。

『ツールボックス・マーダー』
2003年米。トビー・フーパーの未見だったやつその1。大工道具で一生懸命ぶっ殺してます。まあ普通のスラッシャー。

『レプティリア』
2000年米。トビー・フーバーの未見だったやつその2。でっかいワニが襲ってきます。つーか何でフーパーで動物パニック?『悪魔の沼』もワニだったけど。

『マーダー・ライド・ショー』★★
2003年米。今更って感じですが。やっと見た。警官殺害のとこが面白かった。バカ明るい『悪魔のいけにえ』ってとこ。蝋人形モノや『ファンハウス』のような見世物小屋系の一本でもある。

『口裂け女』
2007年日本。おっと。予想を上回る駄作ぶり。恐怖演出がことごとく滑っています。

『夢十夜』 ★★★
2007年日本。怒涛のオムニバス。
第一夜。いつもの実相寺節。内容といいサラサーテといい、清順の『ツィゴイネルワイゼン』みたい。
第二夜。手法的にほとんど奇をてらってないのは市川崑の巨匠としての余裕でしょうか。デビュー当時は技巧派コメディを連作していたんですけどねえ。
第三夜。『呪怨』の清水崇だけど、赤ん坊をまんま見せちゃったのはどうなのか?
第四夜。一番夢っぽい内容だったかも。
第五夜。原作から離れて現代を舞台にしてしまっている。
第六夜。監督松尾スズキなんだけど、何かこう、舞台風の演出というかノリを映画でやられると見るに耐えない。実は大人計画好きじゃないんですよ。
第七夜。アニメ。まあ一個くらいこんな感じのあってもいいのかな。
第八夜。連日の睡眠不足がたたって半分眠ってしまった。
第九夜。眠気が徐々に回復。まあ雰囲気は良い。
第十夜。山口雄大のドタバタ。オムニバスの一話としてだと「?」だが単体としては楽しめる。山口雄大は一時間半近くある長編より10分程度のショートのほうが出来がいい。
[PR]
by tomezuka | 2007-09-30 03:03 | 映画徒然草ホラー編

映画徒然草

スカパーまとめ見その2、+ビデオ1本

『スタジオはてんやわんや』★★★
1957年の大映映画。30分弱の短編で、大映スタジオの撮影風景や大映の俳優たちの素顔、さらにはスターによるかくし芸お披露目と、大映ファンのためのサービス映画。撮影風景といっても完全なドキュメンタリーではなく、ちゃんと脚本にのっとったものとなっている。船越英二が漫才を披露したり、市川雷蔵と勝新太郎がそろって日本舞踊を舞うなど、スターが映画会社専属の時代でなければ出来ない見せ場の目白押し。珍品中の珍品。

『ハロー!フィンガー5』
1974年の東宝映画。『スタジオ~』が擬似ドキュメンタリーだったのに対しこちらはフィンガー5のコンサートツアーの模様を追った完全なノンフィクション。ステージの様子から舞台裏、各メンバーインタビューなどごくごくまっとうな作りの20分の短編。東宝チャンピオンまつりの一編として上映されたものらしい。ビデオやネットのない時代、コンサートを繰り返し見るにはこれが最適の鑑賞方法であろう。

『チエミの婦人靴(ハイヒール)』
1956年東宝。鈴木英夫監督作。江利チエミ主演のいかにも添え物といった感じの歌謡映画。江利チエミ自身は平凡な女の子という役柄で、文通で知り合った男とのデートで「江利チエミ主演の映画」を見るという、この手の歌謡ものでよくあるメタ構造となっている。映画内映画の場面以外でも、男の妄想として「江利チエミが歌を歌うシーン」が出てきたりするのだが、この辺の歌の場面がいまひとつ本編とかみ合っていないためどうにもちぐはぐな印象。

『若い芽』
1956年東宝。同じく鈴木英夫監督。こちらは雪村いずみの歌謡映画。なのだけど、雪村いずみの歌う場面がやたら少ないのは歌謡映画としてはマイナスなのではなかろうか?雪村いずみはかわいいんだけども。

『にっぽん昆虫記』★★★★
1963年日活、今村昌平監督。うーん、やはり今村映画は重い。純情無垢な田舎娘が世間の荒波(と男の欲望)に心も乳も揉まれるうちにタフさしたたかさを身につけ生き抜いていくという内容、喜劇風味の演出もあるにも関わらず重たく汗臭くイカ臭い。また、本来なら描かれるべき場面をざっくり省略したりするので、よくセリフを聞いていないとストーリーが分からなくなったり。ともあれこれは主役の左幸子のワンマンショー映画である。男に請われるまま体を開き、上京しても結局金で股を開き、さらには自ら売春商売を組織し荒稼ぎ、男に貢いでは裏切られ、実の娘までもが自分同様金のために股開く事実を知り絶望し・・・と、波乱万丈生乳も放り出す出血大サービス。特筆すべきは売春商売を始めて以降、急に顔が悪女っぽくなり、さらには年とるたびにどんどん老けていく変貌ぶり。演技でここまで変われるものかとひたすら感嘆。
[PR]
by tomezuka | 2007-09-30 02:39 | 映画徒然草邦画編

映画徒然草

最近スカパーで見た5~60年代の邦画をまとめて。

『メキシコ無宿』★
1962年。 宍戸錠がメキシコに渡ってドンパチやる西部劇もどき。現地の言葉をしゃべっていたメキシコ人が途中から急に日本語吹き替えになるといった珍妙展開あれど、意外とはじけた映画じゃなかった。 宍戸錠を強引にメキシコ人という設定にしてしまったほうが面白かったのに。

『西銀座駅前』★★★
1958年 。今村昌平がデビュー二作目に会社に押し付けられた企画物コメディ。予想以上に完成度の高い喜劇でした。

『彼奴を逃がすな』★★★★
1956年 。一般レベルの認知度はさっぱり上がらない鈴木英夫監督の傑作犯罪スリラー。フィルムノワール調の暗闇、ヒッチコックばりの小道具演出など実に素晴らしい。

『蜘蛛の街』★★
1950年。同じく鈴木英夫のギャングもの+小市民巻き込まれもの映画。特撮系でおなじみの伊福部昭が音楽なのだけど、この人の音楽は特撮以外はただ大仰なだけにしか聞こえないな。

『非情都市』★★★
1960年 。やはり鈴木英夫。敏腕新聞記者が功をあせって自滅していく姿を描く。

『青ヶ島の子供たち 女教師の記録』★
1955年 。中川信夫監督の非怪談映画。東京に赴任した女教師は故郷の青ヶ島の教師不足を憂い、離れ小島といってもよい島に逆戻りする。 ところがこの島は港すらない時代から取り残されたような島で、台風で波が荒れると物資の輸送が困難となりたちまち食糧不足に陥ってしまう。そこでかつての教え子の金持ちの父親が一計を案じ、飛行機で救援物資を送り届ける。島民万々歳。救援物資が届くまでの間島民は何をしていたかというと特に何もせずただじっと待ってただけ。 待ってれば勝手にいいことがやってくるよという素晴らしき他力本願ぶりを描いた作品でした。

『粘土のお面より かあちゃん』★★★
1961年 。中川信夫監督の非怪談映画その2。極貧生活にあえぎながらも明るく楽しく生きている一家の物語。ともあれダメ亭主を演じさせたら宇宙一の伊藤雄之助の全身の関節が外れたような動きと万年アル中的口調をとことん堪能できる一編です。

『石中先生行状記 青春無銭旅行』★★★
1954年 。中川信夫監督の非怪談映画その3。石中先生とその友人丸山君の学生時代の愉快痛快無銭旅行記。横暴教師の浮気現場を目撃し恐喝したり、財閥の息子と偽って村長にご馳走させたりとやりたい放題。ライトコメディの佳作。

『思春の泉』★★★
1954年。中川信夫監督の非怪談映画その4。農村での発情期を迎えた男女がおりなすちょいエロコメディ。 1954年製作なので当然裸やあからさまな性交場面はないです。農村の娘が全裸で水浴びするシーンも肩くらいしか映りませんが、当時の男子にはこれだけでも充分陰茎に血が通ったことでしょう。 農村のストリップ小屋やパチンコ屋が出てくる場面とかあって、このあたりは当時の風俗のドキュメンタリーとして見ても面白い。
[PR]
by tomezuka | 2007-09-29 00:02 | 映画徒然草邦画編

駕籠真太郎展示【駕籠本舗】開催します

【駕籠真太郎不衛生営業・駕籠本舗】

ヴァニラ画廊【納涼不衛生まつり】のほぼ同内容のものを今度は渋谷に大移動。渋谷のおしゃれスポットに突如出現する不衛生空間にギャルは悶絶寸前!目指すコンセプトである「特殊駄菓子屋」により近い形でのビジュアルを形成する予定です。ヴァニラにお越しいただけなかった方は是非いらしてください!またヴァニラではあまり用意できなかった過去の単行本も可能な限り販売いたします。期間は一ヶ月間と長丁場。夜も20:00までとかなりゆったりめです。

■会場 ART WAD'S
150-0042 東京都渋谷区宇多川町4-9 くれたけビル1F 宇宙百貨内 (03-3770-1929) 
■期間 10/2(火)~10/28(日)  (11:00~20:00 無休)
■販売物 
・単行本(駅前シリーズほか、過去の単行本を販売)
・同人誌
・DVD
・特殊玩具
・台紙モノ
・原画
ほか
[PR]
by tomezuka | 2007-09-28 22:59 | 駕籠イベント

ヴァニラ展示終了

ヴァニラ画廊での展示会、本日を持って終了いたしました。
お越しいただいた皆様、まことにありがとうございました。
ただここのところ仕事などが重なり、あまり会場に足を運べなかったのが残念です。

さて舌の根も乾かぬうちに、ヴァニラ画廊での展示内容とほぼ同様の展示を10月に渋谷でおこないます。
場所は宇宙百貨・渋谷店内のアートスペース【ART WAD'S】、会期は10月2日~28日と約一ヶ月間です。
会場はヴァニラの半分ほどの広さなので、内容はヴァニラ時と同様とはいかないですが、「不衛生な駄菓子屋」というコンセプトで渋谷のコジャレ空間を汚染します。
仔細は後ほどお知らせいたしますので、ヴァニラに来られなかった方もよろしくお願いします。
[PR]
by tomezuka | 2007-09-15 23:09 | 駕籠イベント

ヴァニラ上映会

ヴァニラ画廊上映会、明日となりました!

【日にち】9/8(土)
【時間】17:00~19:00
【入場料】1500円(1ドリンク)
【会場】銀座ヴァニラ画廊

となります。
以下、上映予定作品。

「魔術師」
「誕生日」
「炭坑節」
「クリスマス」
「断固反対」
「携帯電話」
「拷問」
「ピアスの白い糸」
「穴」
※以上、新作。

過去作品リバイバル
「パラノイアストリート管の町」(第一回うんこ映画祭上映)
「スーパーマンリターンズ」(第二回うんこ映画祭上映)
「駅前切断」
ほか予定。



なお新刊「正しい変態性欲」全国書店(一部成人マーク不可店除き)にて絶賛変態発売中!
[PR]
by tomezuka | 2007-09-07 22:37 | 駕籠イベント

展示会初日

駕籠真太郎展【納涼不衛生まつり】本日初日でした。
お越しいただいた方、お買い上げいただいた方、ありがとうございました!
なお本日の終了間際、新刊「正しい変態性欲」が到着しました。
明日4日より会場にて販売いたしますのでよろしくお願いします。
[PR]
by tomezuka | 2007-09-03 22:18 | 駕籠イベント

展示会は明日から!

駕籠真太郎展・納涼不衛生まつりは明日3日スタートとなります。
よろしくお願いします!
駕籠が確実に会場にいるのは3日、5日、8日、10日、15日ですが、それ以外でもなるべく出現いたします。
なお最新単行本「正しい変態性欲」は会場でも販売予定です。こちらもよろしくね!

d0008799_1914942.jpg


d0008799_19142564.jpg


d0008799_19144597.jpg
[PR]
by tomezuka | 2007-09-02 19:17 | 駕籠イベント