奇想漫画家・駕籠真太郎ブログ。単行本、イベント、特殊玩具など。視聴した映画のコメントは「映画徒然草」としてまとめています。駕籠真太郎公式HP【印度で乱数】http://www1.odn.ne.jp/~adc52520/
by tomezuka
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
駕籠漫画
駕籠イベント
映画徒然草ホラー編
映画徒然草コメディ編
映画徒然草チェコ編
映画徒然草SF編
映画徒然草特撮編
映画徒然草アニメ編
映画徒然草前衛編
映画徒然草邦画編
映画徒然草ノンジャンル
映画徒然草アジア編
映画徒然草タイ編
映画徒然草香港編
映画徒然草インド編
うんこ
特殊玩具
CD
笑い
活字
ニュース
未分類
以前の記事
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

映画徒然草アメリカ犯罪系映画その12

『その女を殺せ』★★★★
1952年米、リチャード・フライシャー監督。
舞台を列車内に限定させたフライシャーの初期サスペンス。ひとりの女を巡り、彼女を安全に移送させようとする刑事、女の命を狙うギャングの攻防戦が列車という狭い空間の中で繰り広げられる。無関係の一般乗客と思われた○○が実は○○だったり、○○と思い込んでいた人物が実は○○だったりと二転三転する濃密な脚本が、70分程度という短い尺の中で展開するものだからとにかく忙しくあっという間に終わる。90年の『カナディアンエクスプレス』は本作のリメイクだがこちらは未見。

『危険な場所で』★★★★
1952年米、ニコラス・レイ監督。
孤独な暴力刑事ロバート・ライアンが左遷のような形でとばされた先の寒村がメインの舞台。そこで起こった殺人事件の犯人を追ったところ出会ったのが、犯人の姉である盲目の美女アイダ・ルピノ。都会の喧騒を離れた田舎、弟想いの純真な女性、守ってあげたくなるか弱い視覚障害者、と癒し要素満載の彼女にライアン刑事のすさんだ心は浄化されていくのであった。旅先で出会うなら「素朴盲目美女」に限りますね。男性の庇護本能くすぐられまくりです。
[PR]
by tomezuka | 2007-12-07 23:41 | 映画徒然草ノンジャンル

落下映画

『裸の町』★★★★
1948年米、ジュールズ・ダッシン監督。
全編ロケ撮影の犯罪捜査映画。セミ・ドキュメンタリータッチの犯罪映画の最初期の一本で、「すべてロケ撮影しています」と冒頭でしきりにアピールしているのが楽しい。当時はセット撮影が一般的だったので、ロケ撮影ということ自体が売りだったのだ。ポルノ映画が「ちゃんと挿入してますよ」とアピールしているようなものである。

なおこの映画は落下映画でもある。落下映画とは、落下シーンがストーリー上重要な位置を占めたり、クライマックスだったりする映画のこと。ただし物語上大した意味を持たない落下があるものは落下映画とは呼ばない(『007ムーンレイカー』リチャード・キールのスカイダイビング中の落下など)。
クライマックスに落下(主役や悪役などが落下)があるものだと『キングコング』『黄金の腕』『逃走迷路』『激突!』『カサンドラクロス』『ダイ・ハード』『ロボ・コップ』『バットマン』など枚挙に暇がない。高所からの落下は死を確実のものとすることが可能なため、物語を安全に終了させることが出来る。
『テナント/恐怖を借りた男』のように物理的には死なずとも、精神は死に至っているという場合もある。またヒッチコックの『めまい』は、落下で始まり落下で終わるという落下映画の極めつけ。

一方、落下が死ではなく出発を表す場合もあり、多くは死からの再生という意味合いを持つ。『ゲーム』『未来は今』『the EYE 2』などはその典型。『天空の城ラピュタ』では死に瀕することはないが、少女の落下から少年の新しい人生が始まっている。
壮絶な落下シーンが見せ場の『プロジェクトA』も落下映画である。一見、単なるジャッキーのスタント自慢だが、この時計台落下を境にジャッキーの信頼が回復され海賊撲滅計画が発動されることから、落下が映画のターニングポイントとなっていることが分かる。
[PR]
by tomezuka | 2007-12-05 02:39 | 映画徒然草ノンジャンル

映画徒然草アメリカ犯罪系映画その11

ギャング映画以後、フィルムノワール以前の映画。

『暗黒街に明日はない』
1939年米、ジョン・V・ファロー監督。
セイントと呼ばれる私立探偵の活躍を描くシリーズの第二弾。刑事がセイントに睡眠薬かまされて見る変な夢のシーン(ロブスターがブランコこいだりおもちゃの汽車に乗ったり)以外はとくにどうということはない。

『美人は人殺しがお好き』★★★
1938年米、リー・ジェイソン監督。
殺人事件を目撃した女性(バーバラ・スタンウィック)が素人だてらに勝手に事件を捜査していくという、犯罪捜査もの+スクリューボールコメディといった感じの映画。主人公に惚れた新聞記者の協力、後手後手に回る警察、主人公の友人の美女軍団、勝手に推論を立てアリバイが成立するかどうか調査、など火曜サスペンス劇場的要素が満載。
[PR]
by tomezuka | 2007-12-03 14:47 | 映画徒然草ノンジャンル