奇想漫画家・駕籠真太郎ブログ。単行本、イベント、特殊玩具など。視聴した映画のコメントは「映画徒然草」としてまとめています。駕籠真太郎公式HP【印度で乱数】http://www1.odn.ne.jp/~adc52520/
by tomezuka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
駕籠漫画
駕籠イベント
映画徒然草ホラー編
映画徒然草コメディ編
映画徒然草チェコ編
映画徒然草SF編
映画徒然草特撮編
映画徒然草アニメ編
映画徒然草前衛編
映画徒然草邦画編
映画徒然草ノンジャンル
映画徒然草アジア編
映画徒然草タイ編
映画徒然草香港編
映画徒然草インド編
うんこ
特殊玩具
CD
笑い
活字
ニュース
未分類
以前の記事
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ザ・カゲスター

DVD『ザ・カゲスター vol.1』 
東映、第1話~第12話収録

なかなかソフト化されなかった東映ヒーロー、カゲスターがやっとこさDVD化。
主人公の影が実体化する異色作!
野口竜の超絶デザイン!
カゲスターが活動中は本体が腑抜け状態!
敵から「化け物」呼ばわりされるヒーロー!
初期の敵は改造人間ではなくただの悪党がコスプレしているだけ!
ベルスターのパンチラは見せパンなのでありがたみ無し!

そんなわけで、駕籠が幼少時に見ていたヒーローもの、やっと再見できました。
改めて見てみると、主人公がヒロインの社長令嬢に頭上がらなかったり、小林昭二と星純夫の刑事コンビがただのボンクラだったり、小松政夫扮する会社部長が毎回ボケかましてたりと、全体的にコメディタッチで作られているのが分かります。
また、当時の男女ペアのヒーローとしては、ふたりの能力値に極端な差がないのも特徴ではないでしょうか。

前述の通り、1~12話までの敵は改造人間や宇宙人などではなく、特殊なコスチュームやマスクを装着した「普通の人間の犯罪者」です。
しかも1話ごとに独立した犯罪組織となっており、戦闘員もその都度デザインが違う。
アニメ『破裏拳ポリマー』と同じパターンなわけで、日本の実写等身大ヒーローものとしては非常に珍しい。
ただ13話からはショッカー的な組織であるサタン帝国が登場し、従来のヒーローものと変わらないものとなってしまう。
この理由として「ヒーローが超能力持ってるのに敵が普通の人間というのは不公平」という意見が現場から出たとされていますが、1話ごとに新組織を出すには手間や予算がかかってしまうということもあったのではないでしょうか。

d0008799_1317075.jpg
[PR]
by tomezuka | 2008-06-29 13:17 | 映画徒然草特撮編

実録・殺人事件がわかる本

『実録・殺人事件がわかる本』 
洋泉社、柳下毅一郎監修 、1365円

こちらの本で9ページの漫画描いてます。
ヴァージニア工科大学銃乱射事件の犯人が犯行前に書いた妄想の戯曲を柳下さんが翻訳したものが原作です。
「一応原作はありますが、駕籠さんの自由に描いちゃってもらってオッケーです」といわれたので、ビジュアルイメージはけっこう自由です。
本屋で見かけたら見てみてください。
当ムック本は明治~平成のさまざまな大量殺人を扱っていますが、前述の銃乱射と津山30人殺しにかなりのページをさいたものとなっております。
そろそろ書店に並んでいると思います。

d0008799_1573484.jpg
[PR]
by tomezuka | 2008-06-27 15:08 | 駕籠漫画

タイ奇行その3

d0008799_9435218.jpg


タイのケーキの色調はかなり毒毒、もとい独特ですね。


d0008799_9444810.jpg


試食したかったけどさすがに1ホールは多いなあ。日本まで持って帰れないし。


d0008799_9462429.jpg


バンコクでは「平成漫画カーニバル」なるイベントが開催されるようです。


d0008799_9473985.jpg


タイ版ひばり書房?実に安っぽいつくりのC級漫画本。B6サイズで約40ページ中とじ、粗悪印刷。一冊5バーツ(約18円)。


d0008799_9495054.jpg


内容は安っぽいホラー漫画やゆるいギャグ漫画。ちょっとした売店で売られている。


d0008799_951092.jpg


こちらは何だかスプラッタな子供用ぬり絵本。


d0008799_953395.jpg


タイの新聞は一面に事故死した死体画像が載ってたりしますが、こちらは雑誌。


d0008799_9551093.jpg


こちらの雑誌は地震や水害の現場写真特集。被害者の顔が無修正で堂々掲載されてます。
そういえばタイでは死体博物館も有名ですね。今回は行きませんでしたが。
[PR]
by tomezuka | 2008-06-26 10:07 | 駕籠イベント

タイ奇行その2

d0008799_9324143.jpg


象さんが大量に奉納されております。


d0008799_9332033.jpg


うむ、象さんはかわいい。


d0008799_9334751.jpg


そして鼻の穴まで硬貨がつめこまれている。


d0008799_9344797.jpg


いたるところに寝転んでいる犬。


d0008799_9352086.jpg


犬。


d0008799_9354825.jpg


犬。


d0008799_9365012.jpg


そして少女。


d0008799_9403690.jpg


そしてトイレ。


d0008799_941985.jpg


赤色なのに男子マーク。一瞬迷ったよ。
[PR]
by tomezuka | 2008-06-26 09:42 | 駕籠イベント

タイ奇行その1

唐突ではありますが一週間ほどタイに行ってました。
タイにて個展開催!ではなく、単なる旅行です。
最近タイ映画をよく見ているということもあって、行ってみたい国のひとつだったのですね。

巡ったのは首都バンコクと、リゾート地プーケットの二か所。
バンコクではワット・プラケオ、ワット・ポー、ワット・アルンといった主要寺院とショッピングモールを歩き、プーケットでは海水浴場やバトンビーチ、プーケットタウンあたりを回ってきました。
古いタイ映画のDVDやVCDを入手したかったのですが、行った店には新しめのタイトルしか発見できませんでした。残念。

で、タイは当然のことながら暑い!
普通に歩いているだけで微熱でボーっとしている感じです。
逆に屋内や乗り物の中は冷房効きすぎでやたら寒い。
寒暖の差が激しいので、ちょいとした上着を持参してなければすぐ体調崩してしまいます。

時期的にスコールを懸念してましたが、今回は幸いなことに一回しか当たりませんでした。
その代わりと言ってはなんですが、かなり厳しい下痢が的中。
水道水は当然口にせず、歯磨きのうがいもミネラルウォーターという徹底ぶりでしたが無駄な努力でした。
腹痛もかなりキリキリやられ、深夜にタクシーで病院に直行。薬を処方されました。
暑さ(と冷房の寒さ)で体力自体が低下していたのでしょうね。
[PR]
by tomezuka | 2008-06-26 09:21 | 駕籠イベント

夏コミ出展します

コミックマーケット74、出展いたします!

・日時 8/17(日)
・配置場所 東地区 "ナ" ブロック 23b

新刊出す予定ですよ。
よろしくお願いします。

コミックマーケット公式サイト
[PR]
by tomezuka | 2008-06-09 09:57 | 駕籠イベント

映画徒然草タイ製SFスプラッタアクション

『Amnus』(英題Unhuman)★★
2004年タイ、トーラノン・スイーチュア監督。
タイ版DVDにて。ボンクラ学生どもが遺跡めぐりしていると突如空から隕石落下。その日から周囲では残虐な殺人事件が続発する。ジャングルを跋扈する謎の着ぐるみ怪人たち。隕石とともにやってきた凶悪宇宙人なのか?
ストーリーがどうこういうより、怪人たちによるスプラッタ描写をまったり鑑賞する映画。派遣された軍隊や近隣の村人が襲われ食われバラバラにされる。血の量どころかぶちまけられる内臓の量も相当なもの。前半はこのようにSFホラーアクション風だが、途中から呪術師や仏教徒が登場して気分はオリエンタル。村人からつまはじきされてた呪術師の老婆が黒魔術使って怪人たちを手なずけショッカー首領気どりになるあたりは面白い。ただ似たような見せ場の連続のおかげで、派手な割にイマイチ盛り上がらない。それ以前にカメラが揺れて揺れて鬱陶しくて仕方ない。

d0008799_2036183.jpg
[PR]
by tomezuka | 2008-06-06 20:38 | 映画徒然草タイ編

映画徒然草フィリピン幻魔大戦

『The Killing of Satan』★
1983年フィリピン、Efren.C.Pinon監督。
米国版DVDにて。敬虔なキリスト教徒たちが住まう島を、サタンを信仰する邪教集団が襲撃。超能力者であるミゲルおじさんの抵抗もむなしく、島の娘たちはさらわれてしまう。ミゲルおじさんの超パワーを受け継いだ主人公ランドは娘たちを取り戻すべく、邪教集団に立ち向かう。
炸裂する正義の超能力vs悪の超能力!しょぼい光学合成の嵐!全身タイツ姿のサタン!意外と効果的なスプラッタシーン!トホホな映画好き向けの小規模ハルマゲドン映画です。

d0008799_20181577.jpg
[PR]
by tomezuka | 2008-06-06 20:18 | 映画徒然草アジア編

映画徒然草インドネシア呪術ホラー

『The Queen of Black Magic』★★★
1979年インドネシア、Liliek Sudjio監督。
米国版DVDにて。結婚式の日、式場で怪現象が続発する。花嫁が幻覚見たり、料理にウジがわいたり。花婿のコーハーは、昔振った女ムーニが黒魔術を仕掛けているに違いないと思いこみ、ムーニの家を焼き打ちした上に彼女を谷底に突き落としてしまう。運よく黒魔術師のおっさんに救われたムーニはコーハーに復讐すべく黒魔術を習得。黒魔術の女王として生まれ変わったムーニによる村人大虐殺が始まった!
タイや香港の呪術系映画では黒魔術に対抗するのは仏教だが、本作はインドネシアだけにイスラム教(国民の7割強がイスラム教徒)。さすがに白魔術は使わないが、黒魔術による肉体破壊効果を静めたり、火炎放射攻撃をバック転でかわしたりする。アッラーは偉大なり!

d0008799_2041810.jpg
[PR]
by tomezuka | 2008-06-05 23:59 | 映画徒然草アジア編

映画徒然草香港呪術ホラー

『降頭』★★★
2007年香港、ハーマン・ヤウ監督。
香港版VCDにて。降頭とは呪術のこと。不可解な殺人事件が続発、被害者には主人公・楽民刑事の幼子も含まれていた。しかも奥さんの嘉碧には頭痛や目の疾患などの症状が現れる。同僚の刑事サムは事件は降頭によるものではないかと考え、楽民とともに奥さんを霊媒師のもとに連れていく。案の定、奥さんには強力な呪いがかけられていたのだ。一体何者が!?
赤ちゃんが一瞬で腐敗したり、死体からムカデが這い出てきたり、最強呪術【飛頭降】で抜け首になったり、とゲテモノ風味満載のホラー。前半はおいしい映像盛りだくさんだが、後半になると失速。楽民刑事が懸命に守ろうとする奥さんも、かまってちゃんだったりヒステリックだったりするのでいま一つ同情できない。ずっと寝たきりで苦しんでるとか若くて美人だとかだったら、楽民刑事の必死ぶりも説得力あったとおもうのだが。全体的に映像が『セブン』(ウルトラ、じゃなくて七つの大罪のほうね)っぽいのも興がそがれる。
ちなみに1975年にも同タイトルの呪術映画あり。
[PR]
by tomezuka | 2008-06-05 17:59 | 映画徒然草香港編