「ほっ」と。キャンペーン

奇想漫画家・駕籠真太郎ブログ。単行本、イベント、特殊玩具など。視聴した映画のコメントは「映画徒然草」としてまとめています。駕籠真太郎公式HP【印度で乱数】http://www1.odn.ne.jp/~adc52520/
by tomezuka
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
駕籠漫画
駕籠イベント
映画徒然草ホラー編
映画徒然草コメディ編
映画徒然草チェコ編
映画徒然草SF編
映画徒然草特撮編
映画徒然草アニメ編
映画徒然草前衛編
映画徒然草邦画編
映画徒然草ノンジャンル
映画徒然草アジア編
映画徒然草タイ編
映画徒然草香港編
映画徒然草インド編
うんこ
特殊玩具
CD
笑い
活字
ニュース
未分類
以前の記事
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ホームページひさびさ更新

ここ最近ほとんどほったらかし状態のホームページ【印度で乱数】ですが、もろもろ更新いたしました。
特に日刊マンガは約半年ぶりの更新です。
まあこのまま一週間ごとに更新できるかは神のみぞ知るなので、気楽にまったりとご鑑賞くださいませ。

印度で乱数
[PR]
by tomezuka | 2008-07-31 02:39 | 駕籠漫画

エロス+抜首

ちょっと前に抜け首少女ガチャポンの画像をご紹介しましたが、現在自分の中で空前の抜け首ブームです。
で、ヴァニラ画廊の合同展示会では抜け首絵をメインに展示しようと思っております。
題して「エロス+抜首」。


d0008799_15503694.jpg


コミックフラミンゴにて「抜首哀歌」という短編を描いてはいましたが、これはどちらかというとナンセンスギャグ。
今回は本格的なエロと抜け首の融合を目指しています。
すべて手描きオールカラー(アクリル絵の具)。
上記イラスト以外にも少なくとも10点は出す予定です。
[PR]
by tomezuka | 2008-07-30 15:56 | 駕籠イベント

南洋呪術之吸精飛頭蛮

前の日記で現在製作中の「抜け首ガチャポン」を紹介しましたが、現在発売中のスカトロ雑誌BABY FACEでも抜け首マンガ描いてしまいました。
タイトルは『南洋呪術之吸精飛頭蛮』。
抜け首マンガ描くのはコミックフラミンゴ掲載『抜首哀歌』に続いて二回目。
自分の中でなぜか抜け首大ブームです。
[PR]
by tomezuka | 2008-07-28 11:40 | 駕籠漫画

DVD「パラノイアストリート管の町」新盤

第一回うんこ映画祭出品作品「パラノイアストリート・管の町」に、2007年の個展【不衛生まつり】イベント上映用のショートショート作品を追加した新盤DVDです。

■収録内容
「パラノイアストリート・管の町」(カラー、10分)
「穴」「携帯電話」「ピアスの白い糸」「断固反対」ほか、ショートショート作品5編。
【スタッフ】駕籠真太郎(監督原作脚本)、ウズマキマキオ(撮影、編集)、シマムラモトヤス(進行助手)、ほか。
【キャスト】リ・コウジ、さとう樹菜子、ぐしゃ人間、ほか。

■1000円(税込み、送料別)

■委託店(7/27現在)
前衛派珈琲処 Matching Mole(マッチング モール)
※東京都杉並区高円寺南3-45-1 永和ビル3F  TEL:03(5378)1517

■通販
印度で乱数通販ページ

d0008799_385743.jpg
[PR]
by tomezuka | 2008-07-27 03:15 | 駕籠漫画

白昼の大見世物展inヴァニラ画廊

銀座・ヴァニラ画廊9月開催の合同展示会【サディスティックサーカス・見世物アートの現在】に参加いたします。

白昼の大見世物展【サディスティックサーカス・見世物アートの現在】

■日時 9/1(月)~9/13(土)

■会場 ヴァニラ画廊(東京都中央区銀座6-10-10 第2蒲田ビル4階)

■参加アーティスト
浅葱アゲハ
駕籠真太郎
ケロッピー前田
ゴキブリコンビナート
小山哲生
人穴の会
室井亜砂二
山田広野
ルイス・フライシャー
ルドルフ・エバー

■イベント:山田広野 活弁映画上映会
入場料 1500円(1ドリンク付)
※上映スケジュール
9月9日(火)19:00~20:00
9月13日(土)16:00~17:00

とりあえず展示会オリジナルとして描き下ろしカラーイラスト10点くらい製作する予定です。
[PR]
by tomezuka | 2008-07-22 14:58 | 駕籠イベント

抜け首ガチャポン台紙

抜け首ガチャポンの台紙も続けて作成。
イメージとしては、昔の怪談映画の地方公開版スピードポスターです。
ここのところカラー原稿の色塗りはパソコンばかり使っていましたが、泥臭く古めかしいイメージを出すためあえて手塗りでやってます。
久々にリキテックス使ったらこれがやたら楽しいんだ!
前回の日記で「名づけてアジアの妖怪シリーズ・ペナンガラン」と言ってたくせに、いつの間にやら「怪奇抜け首少女」に。
まあこの辺のアバウトさも、昔の映画の地方公開版にはよくあることです。

d0008799_11195438.jpg
[PR]
by tomezuka | 2008-07-18 11:23 | 特殊玩具

抜け首ストラップ

久しぶりに立体を作りました。
名づけて【アジアの妖怪シリーズ・ペナンガラン】


d0008799_18115256.jpg


少女吊るし切り・・・ではなく、東アジアの妖怪・ペナンガラン(別名ポンティアナ、ガスゥなど)。
タイ、マレーシア、カンボジア、インドネシアなどに出現します。

銀座・ヴァニラ画廊から「ヴァニラ画廊オリジナルのガチャポンを作りませんか」と言われ、こんなん作ってしまいました。
ストラップ状態にしてますが、接合部分が甘いので実際にストラップとして使用するには厳しいです。
内臓塗装はカラフルにしてみましたが、別パターンも試してみるかも。

で、実際のペナンガランは一種の吸血鬼なので、こんな穏やかな顔はしてません。
生首の下に内臓ぶら下げた状態で飛行し、牙をひんむいて人を襲います。
妊婦や子供を好んで狙うので、東アジアを旅行するときは注意してくださいね。


d0008799_18124389.jpg
[PR]
by tomezuka | 2008-07-16 18:13 | 特殊玩具

映画徒然草如来神掌

『如来神掌』
1964年香港、凌雲監督。
(DVD-BOXは全五集の5枚組。『如来神掌』一集~二集が前後編、『如来神掌』三集~四集が前後編、『如来神掌』五集で単独の一本)

チャウ・シンチーの『カンフーハッスル』に登場した最強技・如来神掌。その如来神掌をテーマにした武侠片、タイトルもズバリ『如来神掌』!火雲邪神こと古漢魂のもとで修業した龍剣飛は如来神掌を習得、襲い来る敵や数々の難問を突破していく。古漢魂との師弟愛あり、ヒロインの裘玉華とのロマンスあり、過去の因縁による憎悪と和解あり、登場人物も多く大河ドラマの様相を呈しているが、なんといっても見所は荒唐無稽&超絶技巧の技によるバトル。当時としては最新の合成技術を駆使したこのバトルシーン、今となってはさすがに古臭さは否めないものの、これでもかと詰め込まれたアイデアは目を見張るものがあります。


d0008799_23234764.jpg


主人公の龍剣飛。これぞ元祖・如来神掌!



d0008799_2325188.jpg


師匠の火雲邪神こと古漢魂。如来神掌の最強奥義、九式を使用中。暗雲立ち込め天地が轟き、敵はすべて地割れに飲み込まれてしまう。



d0008799_23283945.jpg


敵キャラもビーム発射!天地人三魔のお三方。



d0008799_23302554.jpg


ビビビビビ!ねずみ男のビンタのような技・七旋斬。



d0008799_23321545.jpg


鐵面修羅が使う、もっとも奇天烈な技・天殘脚。右足だけを巨大化させ、敵を踏みつぶす!



d0008799_23374974.jpg


怪獣もよく出てくる。火を噴く一角獣。



d0008799_23384896.jpg


こんなのとか。



d0008799_23392263.jpg


こんなのとか。



d0008799_23395950.jpg


こちらは地下牢を守護するロボット。
[PR]
by tomezuka | 2008-07-12 23:49 | 映画徒然草香港編

サディスティックサーカスイラスト

年に一度開催されるイベント・サディスティックサーカスのポスターイラストを今年も描きましたよ。
何か、今回は奇天烈な感じになってしまいました。
一応、見世物小屋というコンセプトなので、

・「フリークス」のラストに出てくる鳥女
・「悪魔の植物人間」の植物との合成人間
・「バスケットケース」の奇形おにいちゃん

あたりを入れてます。

サディスティックサーカス仔細に関してはリンク先をご覧ください。
「見世物小屋」をコンセプトとしたオールナイトイベントで、緊縛ショーやダンス、大道芸、等々アンダーグラウンド色濃厚な一大パノラマ絵巻であります。
今年は9月14日開催。

d0008799_152583.jpg
[PR]
by tomezuka | 2008-07-12 15:02 | 駕籠漫画

映画徒然草ワニ映画大国・タイ

動物パニックものに登場する人食いアニマルの中でもひときわ凶暴なインパクトを持つワニ。『アリゲーター』『キラークロコダイル』等、多くの殺人ワニ映画が世界中で粗製乱造されておりますが、タイも知る人ぞ知るワニ映画大国です。
以前の日記で紹介した『チョラケー』(78)、『チョラケー・テーンクワー』(82)をはじめ、古典文学に材をとった『クライトーン』(80)、『クライトーン2』(85)、そのリメイクの『アリゲーター・愛と復讐のワニ人間』(01)、新しいところでは『ゲイター』(06)、等々といった具合。
そういえばタイには世界最大規模のワニ養殖場・クロコダイル・ファームなんてところもあります。
タイの人にとってワニはとても身近な存在なのかもしれません。
以下の作品は90年代製作の泣けるくらい低予算で作られたワニ映画。

『JrakheePhiising』
1993年タイ、Ritnarong監督。
人食いワニが出現し、美しい人妻が犠牲となる。この人妻がピーと化し、夜な夜な男を誘惑しては川に突き落としワニの餌にしてしまう。人妻ピーは呪術師の手で壺に封じ込められ、ワニは主人公に退治される。ワニパニックとオカルトの両方が楽しめる、というかどっちつかずの映画。一本の映画にいろんに要素を詰め込むというのは、ひとむかし前のタイの娯楽映画ではよくあること。


d0008799_3114137.jpg


『Ai Dang Koei Chai』
1988年タイ、監督不明。
ゆるーいワニパニック映画。人食いワニが出現し人々が犠牲になるのだけど、一方で川沿いに住んでる人たちは川で洗濯したり川べりで談笑してたりする。そんな危機意識皆無の人たちなので、ひとりパクリ、ふたりパクリとされていきます。そんな中、主人公の女性は頭がよくて、川べりで友人に恋の相談する際にもバケツに食用の生肉を持参。いざワニが出現すると肉を与え、満足したワニは何事もなかったかのように去っていきます。危機が去ったところで恋バナ続行。ああ平和だ。


d0008799_312979.jpg
[PR]
by tomezuka | 2008-07-03 03:15 | 映画徒然草タイ編